【クオリティUPに期待!】『ファンタスティック・ビースト 3』、劇場公開が2020年から2021年に遅れる見込み

ハリーポッターファン期待のタイトル『ファンタスティック・ビースト 3』。制作は進められているが、公開まではもう少し時間がかかりそうだ――どうやらクオリティを上げるべく奮闘しているらしい。

『ファンタスティックビースト』シリーズは書籍はなく、映画オリジナルの提供となる。ダンブルドアやグリンデルバルドといったハリーポッターのキャラクターのバックグラウンドを知ることで、ハリーポッターの世界観を一層楽しむことができるようになる。

第一作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は2016年にリリース。監督はデイビッド・イェーツ、脚本はJ.K.ローリングで制作され、大ヒットを記録。次作の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は2018年に公開され、ジュード・ロウ演じるランブルドアが登場したが、ファンからは厳しい評価の声が多く出た。それもあって、第三作ではかなり力を入れて制作にあたっているのだろう。

2年ごとのリリースを目標(2020年の公開目標)としていたが、第三作については2021年の公開となる模様。今後の情報に注目したい。


参考URL : https://screenrant.com/fantastic-beasts-3-delay-good/