007最新作『No Time to Die』の舞台はイタリア!SNSにダニエル・クレイグ達の写真が投稿!

007の最新シリーズ『No Time to Die』の舞台はイタリアか――ダニエル・クレイグが007を演じる最終作となる本作について、監督:キャリー・フクナガとレア・セドゥ、そしてダニエル・クレイグの3人が写った写真が、007の公式twitterに投稿された。撮影はイタリアのマテーラで行われているようだ。

気になるキャストだが、レイフ・ファインズ(M)やナオミ・ハリス(ミス・マネーペニー)が引き続き出演する他、新たにビリー・マグヌッセン、ラミ・マレック等がヴィランとして出演するとのこと。

『No Time to Die』の劇場公開は2020年4月3日を予定。どのような形でダニエル・クレイグの007のストーリーが終わりを迎えるのか、今から楽しみだ。


参考URL : https://movieweb.com/no-time-to-die-set-photos-daniel-craig-lea-seydoux/