【狙いは大物か?】ディズニー、噂になったスパイダーマンの買収をやめた理由は何?

ディズニーはソニーからスパイダーマンを買収したかったという噂が出ている――その金額は40億ドルにも及ぶという。。だが、どうやらそれは噂どまりだったようだ。ディズニーとソニーは、トム・ホランドの介入でもう少しの間、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスパイダーマンを利用する合意に達したようだ。

ディズニーとしてはスパイダーマンを手中に収めたい思いは強いだろう。アベンジャーズのリーダーとして育てたい意向もひしひしと伝わってくる。だが、金額があまりにも高すぎる――スターウォーズやマーベルを超える金額を、スパイダーマンだけのために支払う決断はできなかったのも納得はできる。

ディズニーは近々ストリーミングサービスのDisney+をローンチする予定だ。コストもかなりの金額に達する見込みだ。当面は利益を度外視した体制でDisney+を育てていく意思を持っていると思われる。そうなると、スパイダーマンだけのために40億ドルを支払う気にはなれないのも無理はなさそうだ。

だが、長い目で見るとソニーもまた映画・TV部門を売却するかもしれない――マーケットリーダーの一角だったFoxも、熾烈な競争に耐えられず、部門を身売りしたのは記憶に新しいだろう。もし、ディズニーがソニーの映画・TV部門を買収することができれば、もれなくスパイダーマンもついてくる。ディズニーは未来の“大きな買い物”も視野に入れて、買収までは手をつ出さなかったのかもしれない。


参考URL : https://screenrant.com/disney-buy-spiderman-movie-rights-rumors-explained/