【タロン・エガートン語る】『キングスマン3』の脚本はすでに完成済み?!

これまでの2作品で主役のエグジーを演じてきたタロン・エガートンは、『キングスマン3』の脚本はすでに出来上がっていることを明らかにした。ちなみに、過去2作品の監督を務めてきたマシュー・ヴォーン氏は、3作目でもエグジーとハリーのストーリーで作りたい意向を持っていると述べていた。

1作目の『キングスマン:シークレットサービス』は2014年に公開され、サミュエル・L・ジャクソンやマイケル・ケインがサポート役として出演した。2作目の『キングスマン:ゴールデンサークル』は2017年に公開され、アメリカ版キングスマンが登場した。そして3作目は3部作の最終作となり、2020年に公開を予定している。

ただし、今のところ詳細な公開日はわかっていない。また、3部作とは別にスピンオフの展開もあるのではとの噂も出ている――もちろん、3作目のヒットは必須要件になるだろう。シリーズの今後の展開に注目したい。


参考URL : https://screenrant.com/kingsman-3-script-done-taron-egerton/