ライアン・レイノルズ、『Joker』のR指定映画No.1の興行収入達成をSNSで祝う!

ライアン・レイノルズはR指定映画で過去最高の興行収入を記録した『Joker』にデッドプールライクな反応を示した。

トッド・フィリップス監督とホアキン・フェニックス主演により生まれた『Joker』は、全世界で旋風を巻き起こしている。劇場公開前には想像できなかったほどの成功を収めたのは間違いないだろう。

これまでR指定映画の興行収入の記録を保持していたのは『デッドプール 2』。だが、遂に『Joker』がNo.1の座を『デッドプール 2』から奪った。これを受けて、デッドプールを演じるライアン・レイノルズは自身のtwitterアカウントでJokerの成功を祝福する投稿を行っている。

お世辞にも行儀のよいお祝ではないが、デッドプールらしさがしっかりと詰まった投稿だろう。

『Joker』がどこまで記録を伸ばすのか――R指定作品が超えられないと言われる“10億ドルの壁”の突破にも期待がかかる。


参考URL : https://movieweb.com/joker-r-rated-box-office-record-ryan-reynolds/