『ワンダー・ウーマン 1984』、当初は2019年11月に公開予定だったが…なぜ公開を遅らせた?

ワーナー・ブラザーズとDC Filmsは『ワンダーウーマン 1984』を2019年11月に公開する予定だった――第1作となる『ワンダー・ウーマン』は2017年に公開され、全世界興行収入8.2億ドルを超える大ヒットを記録した。これをうけて、ワーナーはパティ・ジェンキンス監督と再び契約を結び、続編の制作に取り掛かった。

当初のリリース予定は2019年12月20日だったが、大作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が2019年12月に公開されると発表されたことを受けて2019年11月1日の公開予定位に切り替えた――スターウォーズとのガチンコ対決は避けたいのはよくわかる。

だが、その後諸々の事情があり、現時点では2020年6月5日にリリースされることとなった――ポストプロダクションの過程で、完成度を高める作業に時間を取られたのかもしれない。

ちなみに、今現在は2020年5月後半から6月前半にかけて、『ワンダー・ウーマン 1984』のライバルとなるタイトルはない。今後のスケジュールでは12月にファースト・トレーラーを公開する予定だ。6月のリリースに向けて少しずつ盛り上げてくれることだろう。


参考URL : https://screenrant.com/wonder-woman-2-release-today-delay-reason/