チャドウィック・ボーズマンの新作、ポスターにはちゃっかり「Avenger」の文字が・・・

チャドウィック・ボーズマンは、アベンジャーズのブラックパンサーのイメージから脱出することができないようだ――2019年11月22日公開予定のボーズマンの新作『21 Bridges』にもその片鱗は見て取れる。

これまでの『21 Bridges』のマーケティングでも、マーベル・シネマティック・ユニバースの関係者をうまく盛り込んでいる。ファーストトレーラーでは、『アベンジャーズ:インフィニティウォー』『アベンジャーズ:エンドゲーム』の監督が関わっていることをしっかりと述べていたりする。ただし、ルッソ監督は『21 Bridges』の監督や脚本に関わっているわけではなく、映画のサポート的なポジションで雇われた10人のプロデューサーの2人にすぎない。

そして、この度公開されたポスターには、タグラインに「Avenger」の文字が埋め込まれている。ブラックパンサーのイメージはマーケティングには使いやすい。だが、ボーズマンの今後の活躍を考えると、ブラックパンサーから脱するイメージもうまく気づいていきたい所だろう。今後の活躍に期待したい。


参考URL : https://collider.com/fantastic-beasts-3-filming-spring-2020/