Disney+、サービス開始時に含まれるアベンジャーズタイトルは8本!

まもなく欧米でスタートするDisney+。ローンチ時にはいくつかのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のタイトルも含まれるようだ。

MCUの記念すべき第一作『アイアンマン』からインフィニティ・サーガの最終作『スパイダーマン:ファーフロムホーム』まで23ものタイトルを送り出してきた。次作の『ブラック・ウィドウ』は2020年5月公開予定で、MCUのリリースラッシュはしばらくはお休みといったところだ。

ローンチ時に見られるタイトルは以下の通り。

・『アイアンマン』
・『アイアンマン3』
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
・『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』
・『アントマン』
・『キャプテン・マーベル』
・『アベンジャーズ:エンドゲーム』

残りの15のタイトルについても順次Disney+の中で提供されていくだろう。ただし、スパイダーマンのタイトルについては、ソニーがIPを持つこともありDisney+での提供は難しいかもしれない。また、ユニバーサルが保有する『インクレディブル・ハルク』についても提供が難しいと思われる。

アベンジャーズシリーズはDisneyのタイトルの中でも高い人気を誇る。Disney+のサービス利用者を獲得する目玉タイトルの一つになるだろう。


参考URL : https://screenrant.com/disney-plus-marvel-movies/