【低予算ながらの快挙!】『Joker』、コミック原作で歴代最高の収益を上げた映画に!

『Joker』の快進撃が止まらない。全世界興行収入は9.5億ドルを超え、10億ドルの壁も射程圏に入ってきた。また、コミック原作の映画としては歴代最高の収益(予算6250万ドル)をもたらした映画の座を獲得したようだ。

これまでの最高記録は『マスク』の3.5億ドルの興行収入に対し、2300万ドルの予算だた。ちなみに、低予算で作成された映画として『ヴェノム(予算9000万ドル)』や『デッドプール(予算5800万ドル)』等がある。

R指定で低予算ということもあり、ワーナーはこれほどのヒットになるとは思っていなかっただろう。巨額の予算で作成すれば成功する確率は高いが、予算を抑えてもうまくいく方法を見出したかもしれない。

わーなーとしては『Joker』の続編についても、話は進めたい思いは強いだろう。ただし、ホアキン・フェニックスは続編については否定していることもあり、どうなるかはわからない。ホアキン抜きの『Joker』は想像ができないくらいに強烈な印象を残しただけに、話をまとめ上げるのはなかなかに苦労しそうだ。


参考URL : https://collider.com/joker-box-office-record-most-profitable-comic-book-movie/