ドゥエイン・ジョンソン主演の『Black Adam』、『Joker』の撮影ディレクターを招聘

ドゥエイン・ジョンソン主演の映画『Black Adam』は、『Joker』の制作に関わった撮影ディレクター:Larry Sher氏を招くようだ。

『Joker』は論争こそ起こっているが、全世界興行収入は10億ドルを超える異例の大ヒットを記録している。予算を抑えて制作されたこともあり、そのテクニックを『Black Adam』の制作にも活かしたいと考えていることだろう。

主演を務めるドゥエイン・ジョンソン氏は、Black Adamの役を演じることを嬉しく感じており、映画ではコミックほどには悪いキャラで描かれていないとの情報も提供してくれている。

DCは議論の的となっている『ジャスティス・リーグ』以後、クオリティの高いタイトルを立て続けにリリースしてきた。『Black Adam』についても、『アクアマン』や『ワンダー・ウーマン』に並ぶ成功を収めてくれると期待したい。


参考URL : https://screenrant.com/joker-dp-black-adam-the-rock/