ネットフリックス、新作アニメ『ONI』を発表!制作は日本スタジオが担当!

ネットフリックスはアニメのラインナップを強化しようとしている――ボス・ベイビーの続編やボージャック・ホースマンはその一例だ。そして、この度新たなラインナップを日本のオスカーノミネートスタジオであるTonko Houseから送り出すとアナウンスした。

タイトルは『ONI』でCGIアニメーションの作品。ピクサーのアートディレクターを務めた堤大介氏が指揮をとるようだ。ストーリーはONIとOnariを主軸に、Onariの父親の足跡をたどる内容になる模様。

堤氏は日本人として『ONI』の制作に携われることを喜ぶとともに、自身の日本人のバックグラウンドを全世界の人とシェアできるチャンスを与えてくれたことに感謝しているようだ。

なお、Tonko Houseはストップモーションで実力のあるDwarf Studioと共に本作の制作にあたる。どのような作品に仕上げてくれるのか、今から楽しみだ。


参考URL : https://collider.com/new-netflix-animated-show-oni/