『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、オープニングの興行収入は2億ドルは確実か?!

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の前売り券の売上は順調のようだが、過去2作品を超えることはできるだろうか――これまでのシリーズを振り返ると、『スター・ウォーズ:フォースの覚醒』は2.4億ドル、『スター・ウォーズ:最後のジェダイ』は2.2億ドルを前売りチケットで稼ぎ出している。

ただ、前作が賛否両論に分かれていたこともあり、前売りチケットの売上は思うほど伸びない可能性もある。また、スピンオフタイトルの『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が大コケしたように、オーディエンスからの批判的な声で、劇場に足を運ぶ人が少なくなる可能性もあるだろう。どこまで数値を伸ばせるかは、オーディエンスのポジティブな声によるところが大きそうだ。

現段階の前売りチケットの売上見通しでは、『アベンジャーズ:エンドゲーム』(3.5億ドル)や『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』(2.5億ドル)、『フォースの覚醒』、『最後のジェダイ』の数値は恐らく超えられない――3部作のトリとなるだけに、盛り上がった形で有終の美を迎えたいところだが、さてどういった結果になるか。


参考URL : https://deadline.com/2019/11/star-wars-the-rise-of-skywalker-box-office-projection-reasons-why-1202796194/