『スカイウォーカーの夜明け』、公開後の興行収入のペースは『最後のジェダイ』よりも好調!

スター・ウォーズシリーズの節目となるタイトル『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が公開された。視聴者からは賛否両論混じった声が出ているのはすでに知られたところだろう。この声が興行収入にはどのように響いているのだろうか?

公開後の月曜日(2019年12月23日)の『スカイウォーカーの夜明け』の興行収入は2990万ドルであるのに対し、『最後のジェダイ』は2150万ドル(2017年12月18日時点)となっており、公開後のペースで見ると今作は前作よりも好調だといえるだろう。ただし、『フォースの覚醒』の4010万ドルと比べると、盛り上がりに欠ける感は否めない。

また、米国での『スカイウォーカーの夜明け』の公開週の興行収入は1.7億ドルを突破。この数値は『最後のジェダイ』の2.2億ドルには届かないが、公開後の伸びでは好調な兆しも見える。クリスマスでどこまで肉薄することができたのか注目したい。


参考URL : https://collider.com/star-wars-the-rise-of-skywalker-box-office-monday/