『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、全世界興行収入は8億ドルを突破!だけど、前作を超えられるかは微妙なところ?!

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の興行収入が順調に増えている。米国内では4億ドルを突破し、全世界では8億ドルを突破。Disney・ルーカスフィルムにとって、収益面では成功を収めたといってよいだろう。そうなると、次に気になってくるのは前作『最後のジェダイ』を超えられるかどうかだ。

ちなみに、『最後のジェダイ』は米国内興行収入が6.2億ドル、米国を除く全世界興行収入が7.1億ドルを達成した。この数値と比較すると、『スカイウォーカーの夜明け』の米国内興行収入は前作と同じペースで着地しそうだが、全世界興行収入については難しそうだ――とりわけ、中国市場ではスター・ウォーズの人気はそれほど高くなく、今作でも苦戦を強いられている。諸々考慮すると、前作を超えることは難しいという見方が強い。

また、『最後のジェダイ』と『スカイウォーカーの夜明け』に対するファンの評価が二分されてしまったのは、Disneyとルーカスフィルムにとっては後々まで響く痛手となりそうだ――二分されたファンの双方の声に応えるスター・ウォーズシリーズをどのように構築していくかをハンドリングするのは至難の業になるだろう。ちなみに、スター・ウォーズの次作は2022年12月の公開を予定している。


参考URL : https://movieweb.com/rise-of-skywalker-box-office-800-million-dollars/