『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』の監督、“創作性の相違”で監督を降板

『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』で監督を務める予定だったScott Derrickson氏だが、どうやら辞退したようだ。

2021年の公開まではまだまだ時間はあるが、前作を見たMarvelファンは続編を心待ちにしていることだろう。『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』、『アベンジャーズ:エンドゲーム』以来のドクター・ストレンジの活躍に期待がかかる。

ちなみに、Disneyとしては今作をDisney+の『Loki』と関連付けたい意向があるようだ。ストーリーについても、かなりボリュームのある内容になると予想される。マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4の中でも、かなり重要なタイトルになるかもしれない。壮大な世界観をタイトルに落とし込むところで、マーベルとDerrickson氏の間で何らかのすれ違いが起こったことは間違いないだろう。

Derrickson氏に代わる監督が誰になるのかはまだ発表されていない。これまでのマーベルタイトルを手掛けてきたベテラン監督に依頼するのか――撮影はまだはじまっていないこともあり、舵取りには余裕はあるだろう。監督が誰になるのか、アナウンスを心待ちにしたい。


参考URL : https://screenrant.com/doctor-strange-2-director-scott-derrickson-exit-reason/