タイカ・ワイティティ監督、「Thor: Love and Thunder」の後はスター・ウォーズのタイトルを監督したい意向あり?!

タイカ・ワイティティ監督は、『Thor: Love and Thunder』の撮影を終えた後、スター・ウォーズのタイトルの監督につきたい意向があるようだ。

ワイティティ氏は今年のアカデミー賞でも『Jojo Rabbit』で監督賞にノミネートされており、スポーツコメディのタイトル「Next Goal Wins」の撮影を終えたばかりだ。今後は、日本のアニメ「Akira」の実写版も撮影する予定だが、スター・ウォーズの監督が決まると「Akira」への関与の仕方を変えてくるかもしれない。

なお、スターウォーズは昨年末に公開となった「スカイウォーカーの夜明け」の評価が二分されており、次作をどのように設計するかは難しいところだ。「最後のジェダイ」を手がけたライアン・ジョンソン監督も次の三部作への意欲を見せているようだが、どうなるかは未知数。また、Game of Thronesのクリエイター:デヴィッド・ベニオフ氏らにも声はかかったが、断った経緯がある。

次のスター・ウォーズシリーズの展開を楽しみにしているファンは多いだろうが、ハンドリングは至難の業となりそうだ。今後の動向に注目したい。


参考URL : https://collider.com/taika-waititi-star-wars-movie/