『Breaking Bad』のBryanとAaron、ドラマの中でメス(覚醒剤)の作り方を学ぶ

Bryan CranstonとAaron Paulは『Breaking Bad』でメス(覚醒剤)を華麗に作り出すシーンを演じた。ちなみに、訓練を受けた後、2人はメスがいかに危険なものであるかを認識した模様。

なお、『Breaking Bad』にでてくる化学はすべてが正確というわけではない。シリーズを支えるコンサルタントの一人:化学教授のDonna Nelson氏は、ドラマのゴールは正確な化学を伝えることではないし、メスを作ることを教えるものでもないと語る。

ドラマに倣って作成しようとしても、本物のメスは作りだせないということだろうか――どこまで正確な情報を伝えるかは、難しいところがありそうだ。


参考URL : https://screenrant.com/breaking-bad-bryan-cranston-aaron-paul-learned-meth-dea/