バレンタインに是非見たい映画『(500)日のサマー』【理想と現実のギャップ】

『(500)日のサマー』はバレンタインにはもってこいの映画だろう。2009年に公開された本作は、異なる恋愛観を持つトムとサマーの二人の同僚の関係を描いた作品だ。

トムは自分とサマーの好みの音楽が同じだったりと共通する点が多いことから、サマーを運命の人と思い込んでしまう。一方のサマーはボーイフレンドを持つことを望んではおらず、軽い気持ちでトムは一緒に行動する友達程度に考えていた。ちぐはぐな二人の関係性は、見ている人にどこかもどかしさと苦々しさを感じ取らせてくれるだろう。

『(500)日のサマー』は恋愛には浮き沈みがあり、自分が望むような結果にはならないこともあるということを教えてくれる映画だ。他の映画のようにきれいなストーリーで恋が実を結ぶようなことは現実世界ではそうそう起こらないと悟らせてくれる、貴重な映画だろう。是非ご賞味あれ。


参考URL : https://screenrant.com/500-days-summer-valentines-day-movie-best/