【実写版の勢いは止まらない】ディズニー、『塔の上のラプンツェル』の実写版を制作中?!

ここ数年、ディズニーは過去のアニメタイトルの実写版の制作に積極的に取り組んできた。2019年は『アラジン』と『ライオンキング』の二本がリリースされ、それぞれ10億ドルを超える興行収入を記録している。

2020年の春には実写版の『ムーラン』が公開を予定しており、まだまだディズニーは実写版を送り出すことに積極的だ。そして、この度『塔の上のラプンツェル』も実写版の仲間入りを果たすことになりそうだ。ちなみに、アニメ版は2010年に公開され、全世界で5.9億ドルを超える興行収入を記録している。

どのような内容の実写版になるのかは興味深いところだ。ディズニーの実写版のほとんどはアニメのリメイクだが、新たなストーリーが用意される可能性もゼロではないーー実写版『ムーラン』も、1998年のアニメ版に沿った内容ではなく、中国の歴史・時代背景をより取り入れた内容に仕上がっているという。

今後のディズニーの発表を楽しみに待とう。


参考URL : https://screenrant.com/disney-rapunzel-tangled-live-action-movie/