マーベル、Disney+で放映予定の『Loki』で複数人のロキを投入か?!

マーベルはTVドラマ『Loki』で、異なるバージョンのロキを投入するかもしれない――ロキ役を演じてきたトム・ヒドルストンとバトンタッチする可能性もありそうだ。

マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4のカギは「マルチバース」の考え方。『アベンジャーズ:エンドゲーム』で、過去にタイムトラベルしてサノスのスナップを阻止する計画が実行されたことで、MCUの中にマルチバースの概念が取り入れられた。

2012年の『アベンジャーズ』のニューヨークでのバトルで、ロキは四次元キューブを盗み出すことに成功しており、ロキ自身が利用し時空を旅していると思われる。

また、撮影現場の写真からは、Time Variance Authorityと呼ばれるタイムトラベルを監視するグループを装っているであろう姿のトム・ヒドルストンが確認されている。加えて、ソフィア・ディ・マルティノーが演じると噂されている女性版ロキの姿も確認されており、トム・ヒドルストンとロキ役をバトンタッチすることになるのではとの推測も出ている。

どのようなストーリーを用意しているのか、現時点ではまだまだ不明な点が多い。今後の情報に注目したい。


参考URL : https://screenrant.com/marvel-disney-plus-loki-alternate-versions-tom-hiddleston-exit/