『ブラック・ウィドウ』のファイナルトレーラーが公開!

『ブラック・ウィドウ』のファイナルトレーラが公開された。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の節目となるフェーズ3の看板タイトル:インフィニティ・ウォーとエンドゲームで、莫大な興行収入を記録した後、マーベルは『ブラック・ウィドウ』で新たなフェーズに入る。

『ブラック・ウィドウ』はナターシャ・ロマノフの単体作で、時系列では『キャプテン・アメリカ:シビルウォー』と『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』の間に位置するタイトルとなるようだ。また、今作を持ってスカーレット・ヨハンソンはMCUから引退するともいわれている。

スカーレット・ヨハンソン以外のキャストでは、フローレンス・ピューやデヴィッド・ハーバー、レイチェル・ワイズらが顔をそろえ、マーベルとしても相当の予算をかけて制作されたと推測される。ちなみに、期待する興行収入は、米国だけで1.1億ドル超を見込んでいるようだ。MCUのタイトルなら、当然ともいえる数値だが、コロナウィルスの懸念が広まる中で、どこまで数値を伸ばせるかは未知数な所もある。吉と出るか、凶と出るか――今後のマーベルの動向にも注目したい。


参考URL : https://screenrant.com/black-widow-marvel-movie-trailer-final-villain-taskmaster/