【コロナウィルスの脅威止まらず】ジェームズ・キャメロン監督のアバター、ニュージーランドでの撮影を延期

ジェームズ・キャメロン監督は、ニュージーランドでのコロナウィルスの感染拡大をうけて、アバターの続編の制作を延期する決断をしたようだ。

キャメロン監督は4月にWellingtonにあるStone Street Studiosでの撮影を計画していた。だが、プロデューサーのJon Landau氏が撮影は確実に遅れることを確認していた。

Landau氏は、撮影の延期について語るとともに、しばらくはロサンゼルスで仕事を続け、現地に入るのはもう少し先になると述べているようだ。ただし、ニュージーランドでの撮影をいつ行うかは現時点では公表されていない。

また、Landau氏はキャメロン監督とともにプロダクションのスケジュールを再度引く予定だと述べており、刻一刻と変わる情勢をみつつ、毎日二人で協議を行っているとのことだ。

クルーの健康・安全を考慮しつつ、どのタイミングで撮影を開始するのが良いのかの判断をするのはなかなかに難しい。早すぎるとコロナウィルスの影響を受ける可能性があり、遅すぎると予算オーバーになってしまう可能性がある。キャメロン監督とLandau氏の決断に注目が集まる。


参考URL : https://collider.com/avatar-sequels-suspend-production-coronavirus/