ヴィン・ディーゼル主演の『Bloodshot』、劇場閉館をうけてVODでの提供を早めることに。

ソニー・ピクチャーはヴィン・ディーゼル主演の『Bloodshot』をVODで来週にも提供開始予定のようだ――コロナウィルスにより、劇場が閉館になってしまったことが影響している。

ハリウッドにとって今回のコロナウィルスの感染拡大は脅威だ。一方で、自宅に居ながらに最新の映画を鑑賞するスタイルが定着する可能性もゼロではないだろう――ハイクオリティな音響設備や巨大なディスプレイを保有している人にとっては、自宅で鑑賞したいと思うのも自然なことだろう。配給会社にとっても、映画館へ支払うコストやマーケティングにかかるコストを圧縮できる機運はある。

その他のタイトルについても、VODでの提供を早める動きは出ている――『Invisible Man』や『Birds of Prey』も予定よりもかなり早めにVODでの提供を始めるようだ。

これまではある程度時間がたったあとにVODを提供するのが一般的な流れだったが、今回を機に、劇場公開からそれほど日がたっていないところでVODを提供する流れが生まれるかもしれない。


参考URL : https://collider.com/vin-diesel-bloodshot-digital-vod-release-details/