64-ロクヨン-後編のジャケット写真

『64-ロクヨン-後編』は横山秀夫による同名ベストセラー小説を「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久が2部作で映画化した後編です。

昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件・通称“ロクヨン”から14年後、新たな誘拐事件が発生。当時捜査にあたった刑事・三上は再び動き出します。

出演は、「愛を積むひと」の佐藤浩市、「新宿スワン」の綾野剛、「図書館戦争」シリーズの榮倉奈々、「家族はつらいよ」の夏川結衣。

ここからは映画のネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:瀬々敬久
脚本:瀬々敬久 久松真一
出演:佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 窪田正孝 坂口健太郎 筒井道隆 鶴田真由 赤井英和 菅田俊 烏丸せつこ 小澤征悦 金井勇太 芳根京子 菅原大吉 柄本佑 椎名桔平 滝藤賢一 奥田瑛二 仲村トオル 吉岡秀隆 瑛太 永瀬正敏 三浦友和

前編のあらすじ

昭和64年から平成に移るわずか7日間にD県で発生した、雨宮祥子という少女が誘拐された事件は、犯人に身代金を奪われ少女も遺体で発見されるという最悪の結果となってしまいました。この事件は県警史上最大の汚点として「ロクヨン」と呼ばれ、捜査が進められるも手がかりが得られず捜査は縮小されていきます。

未解決のまま14年が経過し、時効まであと1年となる2002年12月、主人公で事件当時捜査班の一員だった三上義信は警務部広報官に移動していました。ある日三上は、時効が近いロクヨンを解決するべく被害者である雨宮祥子の父・雨宮芳男に対して警視庁長官の慰問視察の許可を得てくるよう命じられます。三上が雨宮のもとを訪れると、雨宮は14年の間に妻も失い廃人状態でした。

警察によるミスの隠蔽を知った雨宮は慰問を拒否しましたが、三上は記者たちにロクヨンに関して協力してもらうよう立ち回ります。その後、三上は雨宮を再度訪問し、視察の受け入れ許可を得ることに成功したのでした。慰問の準備が進められる中、とある誘拐事件が起きてしまいます。

ロクヨンを模倣した誘拐事件

前編のラストで起こった誘拐事件の被害者はスポーツ用品店を経営する目崎正人の長女。身代金の要求額など様々な点がロクヨン事件と酷似しており、ロクヨンを模倣した誘拐事件として警察が動き始めます。
記者クラブとの間に報道協定を結ぶための会見が決まりますが、刑事部は事件情報を遮断し、三上は上司から匿名報道にするという命令を受けます。しかし、基本として事件は実名報道という記者クラブとの約束もあり、三上は両者の間で板挟みになります。

三上は捜査本部への立ち入りを禁止されるも、ロクヨン事件の捜査員松岡から被害者の名前を掴んで会見に臨みます。しかし、刑事部から会見に送り込まれた刑事は事件の情報をほとんど知らず、まともな受け答えができない上に記者たちから追及や文句を言われて失神する、という失態を見せてしまいます。それに加えて記者クラブの記者が東京から来た別の記者たちに情報不足を責められていて、記者たちが暴走する恐れもありました。

そこで三上は広報官として事件の情報を掴むため、松岡が乗る捜査車両に同乗させてもらうように頼みこみます。

誘拐事件の犯人は意外な人物だった

被害者の目崎のもとに犯人から身代金の受け渡し方法の連絡が入り、目崎はロクヨン事件と同じルートを通って車を走らせます。三上を乗せた捜査車両が目崎の車を追う中、犯人の声紋分析ができたのです。犯人は、元警察官でロクヨンに関わっていた幸田ということが判明し、さらに誘拐されたはずの長女が万引きで補導されたという情報が入ります。

目崎は犯人に指定された場所に尽き、犯人の指示通りに一斗缶で現金を燃やします。そして目崎が犯人の指示通りに一斗缶の下にあったメモを見て、今回の誘拐の目的が自分であったことに気づきます。今回の誘拐事件は、ロクヨン事件の犯人が目崎であることを独自に突き止めた雨宮が目崎と計画したものだったのです。

メモを警察や他人に見られるわけにはいかなかった目崎は、メモを2つに破って口の中に入れて証拠隠滅を図ります。

今回の誘拐事件で不審な点が多かった目崎をロクヨン事件の重要参考人として連行し、証拠隠滅を図ったメモのうち「娘は小さな棺に入っている」と書かれた部分を回収します。

しかし目崎は警察の取り調べに対して自分はただの模倣誘拐事件の被害者だという姿勢を崩さず、刑事部は目崎を解放してしまいます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=rAkOr6oYtB0

ロクヨン事件の解決、そして

目崎が解放されたことに怒る三上でしたが、松岡から「昭和64年、そこに犯人を引きずり戻す」と言われ、自分が成すべきことが何かを理解します。三上は目崎の次女と接触し、メモにあった「小さな棺」へ目崎をおびき出すことに成功します。

ロクヨン事件の遺体発見現場で、三上はロクヨン事件の犯人である目崎とついに対峙します。三上が警察官だとわかった目崎は逃亡しようとし、阻止する三上と取っ組み合いになりました。その中で三上は、自分にも娘がいたのになぜ殺したのかと目崎を問い詰めますが、わからないという答えに対して激昂し、目崎を暴行してしまいます。そこへ駆け付けた警察が目崎を連行し、ついにロクヨン事件は解決を迎えるのです。

その後、模倣事件の犯人だった幸田は自ら警察に出頭します。また、年明けの1月、どんと焼きの会場にいた三上夫婦の目の前に雨宮が現れて自らも出頭することを告げ、亡き娘の遺品を火の中へ放り込むことで、悲しい事件はようやく終わりを告げたのでした。

64-ロクヨン-後編の作品情報

64-ロクヨン-後編のジャケット写真

レンタル開始日
2016/12/09
監督
瀬々敬久
キャスト
佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 窪田正孝 坂口健太郎 筒井道隆 鶴田真由 赤井英和 菅田俊 烏丸せつこ 小澤征悦 金井勇太 芳根京子 菅原大吉 柄本佑 椎名桔平 滝藤賢一 奥田瑛二 仲村トオル 吉岡秀隆 瑛太 永瀬正敏 三浦友和
上映時間
119分
64-ロクヨン-後編のユーザ評価

評価数:レビュー件数11376件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザの64-ロクヨン-後編の評価
  • 物語自体も大変感慨深いものでしたが、出演されている俳優さんたちの演技力にも圧巻されました。 とにかく皆さん素晴らしい演技力でした。 皆さん、まさに『名優』です。
  • それぞれがいろんな立場で苦悩や葛藤を抱えつつ、それでも自分の責務を正しいと信じて全うしようとする人、組織に飲み込まれる人、壊れる人、実際の社会そのものだなーという印象でした。 そんな中でも、記者クラブの対応には若干の嫌悪と不満を感じましたが、これは演出と思いたい… 子どもには誰か声をかけたり寄り添ったりするシーンが欲しかったな。 誰も幸せにならない結末でした。
  • 小説映画化の続編。昭和64年の1週間に起きた少女誘拐殺人事件の謎が明らかになるストーリーです。群馬県警とキャリア組との軋轢や、良心の呵責に苦しむ人々の描写や職場の信頼関係などそれぞれのシーンで見所があります。

おすすめ関連作品

本作の前編はこちらです。是非、後編視聴前にご覧ください。

64-ロクヨン-前編のジャケット写真

レンタル開始日
2016/11/25
監督
瀬々敬久
キャスト
佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 窪田正孝 坂口健太郎 筒井道隆 鶴田真由 赤井英和 菅田俊 烏丸せつこ 小澤征悦 金井勇太 芳根京子 菅原大吉 柄本佑 椎名桔平 滝藤賢一 奥田瑛二 仲村トオル 吉岡秀隆 瑛太 永瀬正敏 三浦友和
上映時間
121分

64-ロクヨン-前編のユーザー評価

評価数:レビュー件数12813件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザーの64-ロクヨン-前編の評価
  • 本を読んでましたが、本では難しい部分も映像でみることができ、よかったです。ストーリーは素晴らしい。
  • 自分もあの昭和から平成への移行の瞬間を体験しているので、あの当時の空気感を思い出しながら観賞しました。 実際に、より大きな出来事や事件の渦に埋もれてしまった、決して小さくはない重大事件が多々あるんですよね。 その被害者家族のやるせない気持ちが想像できました。
  • 展開がすごく、世界観に浸れます。緊迫感のある展開でしっかりしたストーリーは、魅力的です。