8年越しの花嫁 奇跡の実話のジャケット写真

「奇跡の結婚式」と話題を集めた実話を「64―ロクヨン―前編/後編」の瀬々敬久が映画化。結婚式を控えた麻衣が突然、病気で意識不明の重体に陥る。恋人の尚志は回復を祈り、長い年月を経て目を覚ます麻衣。だが、更なる試練が2人を待ち受けていた……。出演は「亜人」の佐藤健、「トリガール!」の土屋太鳳、「僕だけがいない街」の杉本哲太、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の薬師丸ひろ子。今回は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』のネタバレ・あらすじをご紹介します。

レンタル開始日:2018/07/04、収録時間:119分、ジャンル:邦画ラブロマンス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
原作:中原尚志 中原麻衣
出演:佐藤健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子

ある日突然、失われた幸せ

先輩(浜野謙太)に誘われた合コンで、西澤尚志(佐藤健)は中原麻衣(土屋)に出会います。腹痛を我慢していたことを知らず、合コン中につまらなそうな態度をしていた尚志を帰りに呼び止め、麻衣は注意をしました。しかし誤解だとわかると2人は意気投合し、互いの連絡先を交換します。

交際をスタートさせた尚志と麻衣の2人は、いつしか結婚を意識するようになり、交際から1年後、尚志は麻衣にプロポーズをしました。喜ぶ麻衣に尚志は2人が出会った記念の日、3月17日に挙式をしようと提案します。結婚式場を抑え、準備を進めていたその最中、悲劇は起こりました。式の3カ月前、体の不調を訴えていた麻衣が突如意識不明になったのです。

原因不明のまま入院し、3日後には、一時心肺停止にまでなってしまった麻衣。医者から「意識が回復するのは難しい」と言われてしまいます。麻衣は、病気が発生するのは300万人に1人というほどの難病「抗MNDA受容体脳炎」と診断されたのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=D3uwcGjk1hw

麻衣の回復を願う尚志

本来なら2人にとって喜ばしい門出となるはずだった3月17日、麻衣は目を覚ましませんでした。心肺停止から命は取り留めたものの、意識は回復せず、昏睡状態が続きます。麻衣の両親(杉本哲太・薬師丸ひろ子)は尚志に、「麻衣のことは忘れて。あなたは家族じゃないのだから」と言いました。それは、いつ目覚めるともわからない娘のために、尚志の人生を縛り付けたくなかったからです。

尚志は、職場の社長である柴田(北村一輝)や周囲の人たちに励まされながら、麻衣が目覚めるまで待ち続けることを決意しました。毎日病院へ足を運び、麻衣の体をマッサージしたり、2人の思い出の曲を聞かせたり、自分の近況を話しかけたり、懸命に麻衣の看病に励みます。

それから数年後、奇跡的に麻衣が意識を取り戻しました。尚志をはじめ、家族や友人は大喜びでしたが、ここに一つの悲劇が生まれてしまいます。麻衣は記憶障害を併発しており、尚志のことを何一つ、覚えていなかったのです。

尚志、麻衣に別れを告げる

記憶障害のほか、体にも障害が残ってしまった麻衣は、懸命にリハビリに励みます。少しずつ、自分を取り戻していく麻衣でしたが、尚志のことだけは思い出すことができませんでした。尚志は麻衣に、自分たちの出会いから現在までのことを話します。思い出の場所へ行けば記憶が戻るかもしれないと、母に頼んで連れて行ってもらうのですが、どうしても思い出すことができません。

ある日麻衣は、尚志のアパートへ向かいます。その頃病院では、麻衣がいなくなったことが大騒ぎになっていました。自分のアパートに向かっているかもしれないと考えた尚志は、バイクでアパートに戻ります。雨が降り、ずぶ濡れになって車椅子から落ちてしまった麻衣を見た尚志。自分のせいで苦しんでいる麻衣に、尚志は「これからは自分を大切に生きてほしい」と伝えます。麻衣が新しい人生を始められるよう、尚志は麻衣の元から去ることを決意しました。

もう一度、出会った2人

麻衣と別れた尚志は、小豆島にある修理工場で働き始めます。一方、麻衣は歩行訓練ができるまで回復していました。そんなある日、麻衣は街で女性に呼び止められます。彼女は2人の結婚式を担当したウエディングプランナー島尾(中村ゆり)でした。そして7年間、尚志が毎年3月17日に結婚式の予約をし続けていたことを知るのです。

麻衣は、「0317」を古い携帯電話に入力しました。ロックが解除された携帯電話に500通以上もの尚志からのメールが届き始めます。メールを通して尚志の深い愛を感じた麻衣は、1人フェリーに乗って小豆島へ向かい、尚志と再会するのです。尚志のことを思い出したわけではありませんが、麻衣はもう一度、尚志のことが好きになっていたのでした。

そこで尚志は自分にとっては2度目の、麻衣にとっては始めてのプロポーズをします。そして、あの日から8年後の3月17日に結婚式が行われたのです。参列者の前で立ち上がりよろける麻衣を、強く尚志が支えるのでした。

8年越しの花嫁 奇跡の実話の作品情報

8年越しの花嫁 奇跡の実話のジャケット写真

レンタル開始日
2018/07/04
ジャンル
邦画ラブロマンス
収録時間
119分
さらに詳しく見る>
8年越しの花嫁 奇跡の実話のユーザ評価

評価数:2329件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザの8年越しの花嫁 奇跡の実話の評価
  • 太鳳ちゃんの演技力がすごかった!配役の豪華さ以上にストーリーの重みや、演技力の素晴らしさからストーリーの中に自然に入りこめ、感動を繰り返した。伝わってくるものも大きい。是非いろんな方に観て頂きたいと思える映画です。
  • 土屋太鳳の病気での迫真演技が素晴らしい。病気の恐ろしさを観る者に訴えかけて来ます。8年もの間待ち続けた彼の深い愛に心うたれます。普通なら待てないだろうけれど、そこが運命の人ならではのつながりなのでしょう。
  • 映画のタイトルから、ストーリーは大体想像がつきますが、脚本や演出が素晴らしく、何度か涙がこみ上げました。間違いなく良作です。好きな人と一緒に、また好きな人を想いながら鑑賞して欲しい作品です。感動しました。

参考URL
・youtube.com