アントマン&ワスプのジャケット写真

身長1.5センチから20メートルまで、自由自在にサイズを変えるヒーロー:アントマンの活躍を描いたマーベルアクション第2弾『アントマン&ワスプ』。アントマンの相棒として、新たにヒロインのワスプが登場。最強コンビが神出鬼没の謎の美女ゴーストと闘いを繰り広げます。今回は『アントマン&ワスプ』のネタバレあらすじをご紹介。

レンタル開始日:2019/01/09、収録時間:118分、ジャンル:洋画SF

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

アントマン&ワスプのネタバレ:初代ワスプ救出作戦

物語は初代アントマン&ワスプの時代の話から始まります。
1987年、米ソ冷戦の真っ只中にソ連の分離独立派がアメリカに向けてミサイルを発射しました。2人はアメリカ政府のエージェントとして働いていましたが、ミサイルを止めるためにワスプは量子レベルまで小型化してしまい、現実世界に戻って来られなくなってしまったのです。

30年後の現代、2代目アントマンのスコットは2年前のアベンジャーズの戦い「シビルウォー」に参加しソコヴィア協定に違反したことからFBIの監視下に置かれていました。あと3日で解放されると言うときに、初代アントマンであるピム博士の娘ホープが現れて博士のところへ連れていきます。

博士は前回の戦いで量子世界から生還したスコットに、ホープの母で博士の妻である初代ワスプことジャネットの救出を依頼したのでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Y7i_Ix5I6t8

アントマン&ワスプのネタバレ:目に見えない敵

博士はFBIの監視から逃れるために研究所を丸ごと縮小して、持ち運びをできるようにして移動しながら量子トンネルを完成させようと考えますが、そのためには闇のディーラーのバーチから部品を購入しなければいけません。

しかしバーチは、FBIと内通していたのでした。スコットたちがFBIから追われていることを盾にして、持ち運びできる研究所の研究成果を要求していたのです。バーチの攻撃にあいながら、ホープは飛行能力を新しく加えた「ワスプスーツ」で対抗します

あともう少しで部品を手に入れると言うところで、幽霊のように物質をすり抜ける「ゴースト」の妨害にあい、博士はスコットにも新しいスーツを渡しますが、突然表れたり消えたりするゴーストには歯が立たず、ブリーフケースの大きさに縮小した研究所を奪われてしまったのでした。

アントマン&ワスプのネタバレ:ゴーストの正体

博士は昔SHILEDで働いていたときの同僚のフォスターを訪ね、研究所が今どこにあるのかアドバイスをもらいます。
研究所の場所を特定したスコットたちは、すぐに奪還に向かいますが反対にゴーストの返り討ちにあい3人とも捕らえられてしまいます。

そこでゴーストは自分の正体を明かします。エイヴァ・スターと名乗り、父親がかつて博士の助手をしていて、博士の怒りを買い追放されて、量子実験にも失敗して母親と共にこの世を去ったのでした。それにより本人も、自身の存在が不安定になってしまったと告げるのでした。

両親の死後、フォスターに引き取られて、博士が研究している量子トンネルとジャネットの力で、エイヴァ自身が元の体に戻ることを望むのでした。とっさの機転でエイヴから逃れたスコットたち3人は、縮小した研究所を森の中で量子トンネルを起動させるのでした。

アントマン&ワスプのネタバレ:ジャネット救出作戦

森の中で安定した量子トンネルを起動させたスコットたちは、ジャネットの意識と再会。しかし、居場所までは特定できませんでした。
ジャネット救出のタイムリミットは残り2時間になったとき、スコットの友人のルイスが自白剤によってFBIにスコットたちの居場所を漏らしてしまいます。

気が付くと研究所はFBIに包囲されていて、博士とホープはFBIに捕まり、更に研究所はゴーストに奪われてしまいます。なんとか逃げ切ったスコットは、2人を救出しホープと研究所の奪還に向かいゴーストと戦います。その間に博士は量子トンネルを使ってジャネットを救出しようと奮闘します。

さまざまなバーチの妨害にあいながらも、遂にジャネットを救出することができました。長年量子を体内に貯めていたジャネットは量子エネルギーをエイヴァに与えて彼女を一時期安定した状態に戻します。そしてFBIをなんとか騙し切ったスコットは、監禁生活から解放されたのでした。

アントマン&ワスプの作品情報

アントマン&ワスプのジャケット写真
発売日
2019/01/09
ジャンル
洋画SF
収録時間
118分
GEOで購入!
アントマン&ワスプのユーザ評価

評価数:5件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのアントマン&ワスプの評価
  • マーベルの映画ははずれないですねー。 コメディー要素がとても多かったし面白かったです。 主人公も他のマーベルヒーローに比べると親近感がわくキャラクターをしていて、それが前作よりもよく出ていて楽しかったです!
  • 前回の「ちっちゃくなっちゃった!」って部分が 良くも悪くも 『マーベル化』してしまった。 映像やらストーリーやらが 全部似てきてしまって 面白いには面白いのだけど どれもこれも一緒くたって感じ。 おまけに ラストで次に続く的なパターン! 一話完結でお願いしますよ!
  • 最後にはサノスの指パッチン。アベンジャーズと繋がってたのは知ってたけど衝撃!

参考URL
・youtube.com