DESTINY 鎌倉ものがたりのジャケット写真

山崎貴が『三丁目の夕日』に続いて西岸良平のベストセラーコミック『鎌倉物語』を映画化。幽霊や物の怪が生息する鎌倉。ある日、この地で殺人事件が発生。ミステリー作家の一色正和は、犯罪研究の腕を買われ、警察から捜査への協力を求められるが……。出演は大河ドラマ『真田丸』の堺雅人、『とと姉ちゃん』の高畑充希。今回は『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレ・あらすじをご紹介します。

レンタル開始日:2018/06/06、収録時間:129分、ジャンル:邦画ドラマ

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

不思議な鎌倉生活

ミステリー作家である一色正和(堺雅人)と結婚し、鎌倉で生活を始めた亜希子(高畑充希)は、鎌倉に魔物や幽霊がいることに驚きます。しかし生まれも育ちも鎌倉である正和にとって、この光景は当たり前のこと。不思議な生活に少しずつ慣れてきた亜希子は、ある日の夜、正和と一緒に夜市に出かけます。

夜市は人間や魔物、幽霊たちが入り交じる場所でした。亜希子は魔物から「松茸」を買いますが、それは食べると魂が抜け出てしまう「魔界松茸」だったのです。亜希子は魔界松茸のせいで、魂が抜けやすい体になってしまいます。
ある日、甲滝五四朗の原稿を見つけた亜希子に、正和は「自分は母の浮気相手である五四朗の子供かもしれない」と打ち明けるのでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=rHyt3ut6Vf8

亜希子、幽霊になる!?

最近嫌なことばかり続いている原因が、一色家に取り憑いた貧乏神(田中泯)のせいだと知り、正和は追いだそうと試みます。しかし心優しい亜希子は家に招き入れ、優しく接するのです。優しくされた死神は、お礼に古びた茶碗をくれました。そして、この家は居心地が良すぎると言い、貧乏神は去って行ったのです。

ある日、編集部から正和に執筆依頼の連絡が入り、電話を受けた亜希子は外出している正和の元へ向かいます。その途中、「赤い手の魔物」に足首を掴まれ、亜希子は転んでしまいました。それでも正和の元へ走り、小料理屋で本田(堤真一)と飲んでいた正和は執筆をするため、あわてて家に戻ります。そのとき亜希子は自分の体に異変を感じていたのですが、正和に何も言えませんでした。

黄泉の国へ旅立つ

それから数日後、小料理屋の女将(薬師丸ひろ子)に、何かに取り憑かれていると言われ、御札をもらった正和。さっそく家に御札を貼ったのですが、亜希子が家に入れなくなりました。亜希子の魂は、転んだときに体から抜け出てしまったのです。転んだ場所に戻っても、亜希子の体はどこにもありません。幽体となった亜希子は、死神(安藤サクラ)に連れられ、黄泉の国に旅立ってしまいました。

その後、正和は亜希子の体を見つけます。事故で亡くなった女性が、偶然亜希子の体を見つけ乗り移ってしまっていたのです。女性は家族の元へ戻り、亜希子の体のままで生活していたのですが、亜希子の体を返すと約束してくれました。

正和、亜希子を取り戻しに黄泉の国へ

体が戻れば亜希子は蘇ります。正和は、黄泉の国へ亜希子を迎えに行くことを決意しました。幻の作家と言われた甲滝五四朗の小説には、黄泉の国への行き方が書かれていますが、帰り方は書かれていません。キンは正和に小さなメモを渡します。それは黄泉の国に住む甲滝五四朗の住所でした。

黄泉の国にやってきた正和は甲滝家へ向かいます。しかし住んでいたのは正和の両親(三浦友和・鶴田真由)でした。甲滝五四朗は、正和の父のペンネームだったのです。父は正和に「作家なら想像力で戦いなさい」とアドバイスをくれました。想像力があれば、亜希子と2人で帰ることができるはずです。

いつの時代も結ばれる運命だった

正和は死神から亜希子が「天頭鬼」に捕まっていることを聞き、亜希子の元へ向かいます。正和と再会して大喜びの亜希子。そこで天頭鬼が何代も前の前世から亜希子を思っていること、しかし亜希子はいつも正和の前世と結ばれていることを知ります。正和は亜希子と始めて会ったとき、「この人と結婚する」と感じたことを思い出し、2人は離れることができない運命だと感じるのです。

2人の前に立ちはだかる天頭鬼に正和は想像力で戦います。それでも追い掛けてくる天頭鬼。絶体絶命と思ったそのとき、どこからともなく茶碗が飛んできました。それは貧乏神がくれた茶碗です。ゴンドラに形を変えた茶碗は正和と亜希子を乗せ、空高く舞い上がり現世に戻ります。そして正和と亜希子は、再び鎌倉で幸せな生活を送るのでした。

DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報

DESTINY 鎌倉ものがたりのジャケット写真
レンタル開始日
2018/06/06
ジャンル
邦画ドラマ
収録時間
129分
DESTINY 鎌倉ものがたりのユーザ評価

評価数:3080件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザのDESTINY 鎌倉ものがたりの評価
  • 鎌倉、妖怪ときて、見るまでは和風ファンタジーに重きを置いた作品かと思っていました。 その先入観のまま見てしまうとそのギャップで満足できないかもしれませんが、作品自体はとても面白いと思いましたので、見る前にそのギャップを埋めて置ければ良いと思います。 (デザートかと思って食べたら前菜で、前菜としては美味しいのに不味いと感じてしまうみたいな) 基本的には、「愛だよ、愛」という感じです。 細かい描写や設定が気にならない方にはおススメで、また演者の方々の演技も、いつもの感じだったりコミカルさが入っている感じですので、その点でも新しさよりかは安定さがあると思います。 あとヒロインの高畑充希がとても可愛い。普段の演技とか知らないけど、喜怒哀楽全てをかわいく純粋な感じで出していて、とても役に合っていると思いました。
  • 最初はふざけた作品かと思った。鎌倉は魔物が住んでいるとか、え?って思った。でも映像も綺麗な中で2人の愛がとてもキレイに描かれている。堺雅人の演技はさすが。歳下妻役の高畑さんも幼いながらの可愛いさ、逞しさを演技しきれていた。心が疲れてる時に気持ちよくみれる作品。
  • 何度も観たくなる作品です。豪華俳優陣、ストーリー、映像美、どれをとっても申し分ありません。温まる夫婦愛、誤解が解ける親子関係、前世から決まっていた出会いなど、ひとつひとつが良く考えられています。いつまでも残る名作のひとつになるでしよう。

参考URL
・youtube.com