映画『ドラえもん のび太の月面探査記』のジャケット写真

本作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は、2019年に公開されたアニメーション映画。「ドラえもん」映画シリーズとしては39番目の作品となります。こちらの映画はコミックス版に収録されている「異説クラブメンバーズバッジ」が原作となっており、テーマは「「想像力の大切さ」。映画の作品内に出てくるひみつ道具であるバッジは、人の想像力自体を象徴するようなアイテムとなっています。

アニメ版作品のお馴染み声優が参加していることはもちろんのこと、ゲスト声優として柳楽優弥、高橋茂雄、中岡創一、吉田鋼太郎、広瀬アリスなどのメンバーが選ばれているということも話題に。また、エンディングテーマとして平井大作曲の「THE GIFT」が起用されたという点も注目されました。

ちなみに本作で登場するひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」は、現実世界でありえない「異説」を提唱することによって、その異説を体験することができるという道具。異説を付属マイクに唱えることで、道具は効果を発揮することとなっています。ただし、映画版とコミックス版では効果が若干違い、映画版では世間的に認知度のある異説しか体験できないという制限がある一方、コミックス版では制限なしでどのような異説でも唱えれば体験できるという道具になっています。そんな本作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』のネタバレあらすじを早速見ていきましょう。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月
出演:水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 皆川純子 広瀬アリス 中岡創一 高橋茂雄 柳楽優弥 吉田鋼太郎

ネタバレあらすじ

のび太 月の王国を作る

「ナヨタケ」という名前の月面探査機が、月の表面に怪しげな影をとらえたというニュースが世界中で話題になっていました。主人公・のび太が通っている学校でも、そのニュースの話題が持ちきりになり、彼は「あれは月のウサギではないか」と推察します。

そんなのび太を学校のみんなは馬鹿にし、笑い物にしました。いつもの通り彼はドラえもんにそんな出来事を伝え、ひみつ道具でみんなを見返せるようにお願いをします。

そんな彼の願いを叶えてあげるため、ドラえもんは仕方なさそうに道具を取り出すのでした。その道具とは、異説を現実のものとして体験できる「異説クラブメンバーズバッジ」。

そして、月に移動した彼らは生き物たちが生活できるような環境を構築して、ウサギのような生物を創造。そんな環境を彼らは「月の王国」と名付けました。そして月に王国を作った彼らは1度、地球に帰りました。

次の日、のび太が学校に行くと、転校生が紹介されました。転校生の名前はルカ。実は彼女は宇宙生物で、他の仲間のカメ、モゾたちとともにのび太の家に忍び込んでいたのです。

そんなことはつゆ知らず、のび太たちは月に生息する生物たちに、どうやったら文明的な生活が送れるかについて指導。一方、その頃宇宙の果てにある「カグヤ星」では、星の支配者である「ディアボロ」という男が悪い企みをしていたのです。


出典:https://youtu.be/qSAovpKUJHg

のび太を救ったのは転校生

いよいよのび太は、笑い物にされた失敗を挽回するために友達を月の王国に連れていくことにしました。

月に住む生物たちは非常に頭がよく、驚くべき速さで王国の文明化を進めています。その進歩の速さはドラえもんですら予知できなかったほど。彼らが月に到着すると、王国を案内するという「ノビット」というウサギが出てきたのでした。

目覚ましい発展を遂げる王国を探索していた彼らでしたが、急に何者かによって襲われてしまいます。それは、のび太が創造した生物「ウサギ怪獣」だったのです。

先ほどまでみんなを案内してくれていたノビットを助けた拍子に、のび太は崖から落下してしまいます。その時、彼は急に現れたルカに助けられました。

転校生だったルカがウサギの耳をつけて登場したためのび太は驚きますが、彼女は自分が宇宙生物であったということを告げます。そして、自分が「カグヤ星」の支配者から追われている存在であるということも告白しました。また、彼女はある博士によって開発された生物であり、超能力を使えるのだということも打ち明けます。

ルカ捕まる!?

一方その頃、のび太の友達たちは月の王国で行われているレーシングに夢中となっていました。しかし、レースは非常に危険なあそびで、少しの操作ミスが命取りになるようなものでした。

案の定、調子に乗りすぎたジャイアンたちは事故を起こしそうになります。その瞬間、ルカは超能力を使い、彼らを助けたのです。これによって彼らは命を救われましたが、超能力を使ったことで「カグヤ星」の支配者に場所を知られてしまうこととなります。

そして支配者たちは、月に襲撃をかけ、超能力を無効化します。そして他に超能力が使える生物たちはどんどん捕まっていってしまったのでした。

なんとか襲撃から逃げ延びようとしたのび太たちでしたが、ルカは「仲間を見捨てることはできない」と言い、月に残ることに。一方、どこでもドアで逃げ切ったのび太たちは、敵にドアが破壊されてしまい、月に再び戻ることができなくなってしまったのです。

困り果てたのび太たちのもとに、モゾが現れました。そして、彼らが地球に来たときに使ったスペースシャトルがあるということを伝えます。こうして再び彼らは月に向かうこととなったのでした。

絶体絶命の危機!そのときやってきたのは…

月に戻ると、やはりルカは捕まってしまっていることがわかりました。のび太たちは「カグヤ星」に向かい、捕まってしまった生物たちを救うことに決めます。

一方その頃「カグヤ星」の支配者は、荒れ果てた自分の星を捨てて、豊かな地球を乗っ取ろうと企んでいました。なんとか星にたどり着いたのび太たちは「カグヤ星」の支配者が住む基地に忍び込みます。

そして彼らは支配者と対峙。そこで分かったのは、支配者の正体がAIを搭載した破壊兵器であるということ。そしてのび太たちを捕らえて処刑にかけようとします。

絶体絶命のピンチ。そのとき、彼らとは別行動をとっていたしずかがたくさんの味方を連れて基地に乗り込んできたのでした。形勢が逆転したのび太たちは、なんとか支配者を倒すことに成功します。

その後、カグヤ星には1000年ぶりの平和が訪れ、ルカはドラえもんに頼んで超能力を持った生物から普通の人間へと姿を変えます。

そして、のび太たちは地球に帰り、今回の騒動を生んでしまったひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を裏山に埋めて2度と使えないようにするのでした。

映画『ドラえもん のび太の月面探査記』の作品情報

映画『ドラえもん のび太の月面探査記』のジャケット写真

レンタル開始日
2019/08/07
監督
八鍬新之介
キャスト
水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 皆川純子 広瀬アリス 中岡創一 高橋茂雄 柳楽優弥 吉田鋼太郎
上映時間
111分
さらに詳しく見る >
映画『ドラえもん のび太の月面探査記』のユーザ評価

評価数:562件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    ムービットが可愛いい! ドラえもんの映画は楽しいだけじゃなくて感動もあるから好きです。辻村深月さんっぽさがでてる!
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    大好きなドラえもん。大人も十分楽しめます。昔読んだコミックスのお話しがベースになっていました。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    のび太は、素直ですね。テレビシリーズの時より頼もしいし、ジャイアンやスネ夫も映画の時は比較的優しい。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    仲間達の友情が感動しました。特に、スネ夫が迷った挙句ルカ達を助けに行く場面はジーンときた。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    さすがはドラえもん。 子供と見ていて気づいたら自分も夢中になって見ていました。子供にさりげなく友情や優しさが芽生えてくれそうな映画です。

さらにレビューを見る

おすすめの関連作品

本作の関連作品として挙げたいのは、「ドラ泣き」というキャッチフレーズで人気を博した『STAND BY ME ドラえもん』。こちらは映画版シリーズの中で最も高い興行収入83.8億円をマーク。

公開は2014年で、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品。受賞歴としては、日本最高のアニメーション映画賞としても名高い「日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞」を第38回の日本アカデミー賞式典で受賞しています。

本作では「帰ってきたドラえもん」や「のび太の結婚前夜」などの人気映画や、漫画シリーズの第1話「未来の国からはるばると」など、シリーズの中で印象的となったエピソードを映画1本に再構築。

その中で、ドラえもんがのび太と出会い、そして別れ、のび太としずかが結婚するという一連の流れを描く形となっています。

主題歌には秦基博の「ひまわりの約束」が起用されており、本曲はオリコンに64週間続けてチャートインするロングヒットを記録。他にも「ビルボードHot Animation」で2週連続の1位を獲得するなど、楽曲として人気が高い点が注目されます。

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』を見た後は、こちらの作品で「ドラ泣き」してはいかがでしょうか。

映画『STAND BY ME ドラえもん』の作品情報

映画『STAND BY ME ドラえもん』のジャケット写真

レンタル開始日
2015/02/04
監督
八木竜一
キャスト
水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一
上映時間
95分
さらに詳しく見る >
映画『STAND BY ME ドラえもん』のユーザ評価

評価数:22347件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    これぞ名作、ドラえもんがすぐそこにいるような立体感や、物語もよく泣けます。大人も楽しめるドラえもん、オススメです。
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    ドラえもんのいいとこどり。泣ける!っていうストーリーを詰め合わせた感じなので普通に泣けるし、主題歌も好き。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    涙なくては語れない話しです。聞くより観たら内容の素晴らしさを実感できる映画です。ぜひレンタルすべきだと思う。
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    子どもと一緒に是非みてほしい一本。アニメとはまた一味違うビジュアルや演出。アニメと実写のちょうど真ん中といった感じでリアルに道具や効果が体感できる。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    ドラえもん作品の中で1番感動した作品! ストーリーがギュギュッと詰まって感動のシーンや良いシーンを集めた感動のお話

さらにレビューを見る