映画ドラえもん のび太の宝島のジャケット写真

映画「ドラえもんのび太の宝島」は2018年3月3日に公開されたドラえもんの映画シリーズ第38弾です。この映画は1ヶ月で389万人を動員し、興行収入は44億円という記録を樹立しました。太平洋に突然出現した宝島を巡る物語で、3作連続で前シリーズの記録を超えています。

のび太がドラえもんのひみつ道具“宝探し地図”を使うと、地図は太平洋上に突然現れた新しい島を指し示します。のび太たちはノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かいますが、そこで待ち受けていたのは!?

主題歌はテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などで俳優としても活躍している星野源です。キャラクターの声はテレビで放映されているドラえもんでお馴染みの水田わさびや大原めぐみに加え、お笑い芸人サバンナの高橋茂雄と俳優の大泉洋などがゲスト出演しています。

レンタル開始日:2018/08/01、収録時間:109分、ジャンル:キッズ

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:今井一暁
脚本:川村元気
原作:藤子・F・不二雄
主題歌・挿入歌:星野源
出演(声):水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 大泉洋

宝島を目指して出航するドラえもん達

みんなの遊び場である空き地で、出木杉がのび太達に小説「宝島」について話しています。そこで出木杉が現代版の宝島の小説を執筆していることを告げると、面白くないのび太は、つい「本物の宝島に行く」と見栄を張ってしまいます。そして宝島を見つけることができなかったら、鼻からカルボナーラを食べると約束してしまうのです。

家に帰り、早速ドラえもんに相談するのですが、宝島なんてあるわけないと一刀両断されます。がっかりしたのび太は諦めてカルボナーラを鼻で食べる練習をしようとしますが、見かねたドラえもんは「宝探し地図」というひみつ道具を取り出します。

それは、ペンをあてた先に宝があれば反応するという機能をもった地図でした。少しでもずれていると反応しないため、簡単に見つけることはできません。正直ドラえもんはこの道具を使用しても見つけるのは難しいと思っていたのですが、のび太はすぐに宝のある場所を見つけてしまうのです。

宝の場所を見つけると同時に、ニュースで太平洋に新たな謎の島が出現したと報じられます。この謎の島に宝があるということで、しずかを連れて「ノビタオーラ号」で冒険に旅立つのでした。ドラえもん、のび太、しずかで出発しましたが、イカダに乗ったジャイアンとスネ夫が合流し、5人で旅を進めます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=0dlYQUzUdq4

宝島の正体は時空海賊の船

ひみつ道具「蛍光方向クラゲ」が目指す宝のある場所までの道を示してくれるので、後は宝島に向かうだけです。並行蛍光クラゲのなかには海水が苦手なクラゲがいて、1匹だけ海には行かずにしずかのポケットのなかに入ります。出発してから数日後、ついに宝島が見えてきたのですが、上陸前に突如海賊が現れました。

みんなで海賊たちと戦いますが、その最中、しずかが「セーラ」という女の子と勘違いされてさらわれてしまいます。なんとか海賊は撃退したものの、しずかを取り戻すことはできず、追いかけたのび太は海に溺れてしまいました。ドラえもんはのび太を助けますが、そのときにオウム型のメカ「クイズ」を連れた金髪の少年も助けるのでした。その少年は海賊船で働いていたメカニックで「フロック」といいます。彼の話により、目指していた宝島の正体が、未来から来た「時空海賊の船」であることがわかります。

海賊がしずかと間違えたセーラはフロックの妹でした。みんなはフロックと一緒にしずかを助けに向かいます。

一方、連れ去られてしまったしずかは、海賊船で「セーラ」という女の子に出会います。セーラはフロックの妹で、しずかにとても似ていました。しずかはドラえもんたちに自分の居場所を知ってもらうため、ポケットに入っていた蛍光方向クラゲに、ドラえもんのところまで行くように頼みます。

海賊船を使って人類を移住させるノアの方舟計画

蛍光方向クラゲの活躍でドラえもんは船にたどり着くことができ、みんなで乗り込みました。しかし海賊船内では、侵入者の放送が流れてしまいます。仲良くなったしずかとセーラはドラえもんたちが来たことを知り、脱走しようと外に向かいましが、セーラだけがノビタオーラ号に乗り、しずかの救出は失敗に終わります。

時空海賊の船長シルバーは、フロックとセーラの父であること、シルバーの妻であり科学者だったフィオナが船を開発したことを語りだします。

未来の地球を救うために、原子力の代わりとなる新しいエネルギーを創出することを目的に船を開発したが、数年前に志半ばで亡くなったフィオナの意志を引き継いで、シルバーは船の開発を続けていたのでした。

しかし、シルバーはタイムマシーンによって地球滅亡という悲しい未来を知ってしまい、その滅亡から逃れるために海賊船で地球以外の星に人類を移住させる「ノアの方舟計画」を立てます。しかし船で移住するには、大きなエネルギーが必要。シルバーがいた時代ではエネルギーを自由にとることができないため、エネルギーをのび太たちがいる時代までとりにきていたのです。

シルバーは地下のマグマから地球の膨大なエネルギーを吸い取り、この計画に利用しようとしますが、フロックは反対します。そして、父を説得できなかったフロックはオウム型ロボットのクイズと一緒に船から逃げ出したのです。

シルバーの計画を阻止することはできるのか

計画を実行するためにいよいよ海賊船は空中に浮上しはじめます。
おとりとなったジャイアンとスネ夫が海賊達を引き付け、その隙にのび太達はシルバーのいる船長室へ辿り着きます。

フロックは船のシステムをダウンさせようとしますが、シルバーが抵抗。ドラえもんはエネルギーの塊に立ち向かうが気絶してしまいます。のび太は恐怖に膝が震えながらもドラえもんを救出することに成功。船のエンジンを取り外すのを邪魔していたバリアはドラえもんの頭突きによって壊され、フロックがプログラムをハッキングし、危ないところでシルバーの計画を阻止します。

こうして海賊船を使ったシルバーの計画を阻止することに成功したのでした。そしてのび太は「親子同士で争うなんて、悲しいよ!」と泣きながらシルバーに訴えます。

その言葉で、シルバーは昔の気持ちを思い出しました。プログラム対決で自分に勝ったフロックを、成長したと実感するシルバー。フロックはそんなシルバーに対し、「パパの息子だから」と言います。フロックは、シルバーが自分たちのために苦しんでいたのに船を飛び出したことを謝り、家族3人の仲が戻るのでした。時空の彼方へ海賊船は飛び去り、家に帰ったのび太達は日常生活を過ごしています。

ある日ジャイアン達と野球をしていると、のび太の服のポケットから帆船のマークが入った金貨が転がり落ちました。

宝島へ向かうというのび太を怒り、家を飛び出したのび太を心配そうに見つめていたお父さんが、家に帰ったのび太に自分も子供の頃に読んだと昔のことを思いだしながら宝島の小説を渡すラストシーンで映画はしめくくられています。

映画ドラえもん のび太の宝島の作品情報

映画ドラえもん のび太の宝島のジャケット写真

レンタル開始日
2018/08/01
ジャンル
キッズ
収録時間
109分
さらに詳しく見る>
映画ドラえもん のび太の宝島のユーザ評価

評価数:1600件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザの映画ドラえもん のび太の宝島の評価
  • 年々良くなっていく映画ドラえもん!
    フロックやセーラ達のため、しずかちゃんを助けるためなど、家族についてを描く話で素直に感動できました!
    ただ、しずかちゃんとセーラが似てる?の下りは賛否両論ありそうですが。
    20年前に公開された、南海大冒険の雰囲気があり、少し懐かしく感じましたね!
    シルバーさんも、時空の先々で宝を集めてるから、ある意味時空犯罪者?
  • スケールの大きな話でした。
    予告からはここまでの話とは分かりませんでした。
    まさに映画版という感じです。
  • 子供の頃憧れた冒険を楽しめたようで満足でした。星野源の曲もピッタリはまっており、感動させられました。

おすすめの関連作品

映画ドラえもんをもっと楽しみたい方には、2017年に公開された、10万年前の凍っている地球を救う「映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険」、2016年公開の原始時代を救う「映画ドラえもん新・のび太の日本誕生」をおすすめします。どちらも前年作品の記録を上回るほどの人気でした。

ドラえもんの映画シリーズは、テレビアニメの声優を一新した2005年を除いて1980年より毎年3月に公開されています。今回紹介した「映画ドラえもんのび太の宝島」には、現代的ともいえるプログラム対決を盛り込むなど、ドラえもん映画は回を重ねるごとに進化していくのが特徴です。過去の年代の映画から順を追って見ていくと、その変化が実感できるでしょう。

今作品の監督である今井一暁は、2020年3月公開の「映画ドラえもんのび太の新恐竜」でも監督をしています。ドラえもん以外のアニメ映画作品では「パロルのみらい島」があり、動物のキャラクターが人間の世界を冒険する物語は、ドラえもんのように親子そろって楽しめる内容です。

映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険の作品情報

映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険のジャケット写真

レンタル開始日
2017/08/02
監督
高橋敦史
出演(声)
水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 千秋
上映時間
101分
さらに詳しく見る >
映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険のユーザ評価

評価数:4211件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • ドラえもんとのび太、スネ夫、しずかちゃん、ジャイアンの友情と冒険を通して大事なものを教えてくれる映画です。大人が見てもウルッときてました。ドラえもんの道具の多彩さにも毎回驚かされます。画面も今までよりもスケールアップしており迫力まんてんです。
  • 北極の氷の中に古代文明の遺跡があってとてもおもしろかったです。
  • すっごく笑えるところもあれば、泣けてくるところもあり、やっぱりドラえもんはすごいと思いました。 子ども向けなのにけっこうな大人になっても楽しめるものってそうそうないですよね でもドラえもんは家族みんなで楽しめる、世代が関係ないストーリーだと思います!

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生の作品情報

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生のジャケット写真

レンタル開始日
2016/08/10
監督
八鍬新之介
出演(声)
水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 千秋
上映時間
104分
さらに詳しく見る >
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生のユーザ評価

評価数:9817件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 当時の日本誕生を見ていたので、何か新しいストーリーなのかなと思ったけど、ストーリーはそのままで声優さんが一新されたものだった。安定の面白さ。
  • 冒険が終り、家出から帰ってママと話すシーン。毎回の映画にあるような展開だが、反則的なまでに泣ける。 山崎まさよしさんの主題歌もしっとり気分にさせてくれる。
  • 前作の面白さそのままに綺麗な映像と演出がプラスされて童心にかえって楽しめる作品です!