ゲームのジャケット写真

それは、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機──「聖杯」をめぐる物語。ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』第三のルート[Heaven’s Feel](通称・桜ルート)が、劇場版映画化された。これは主人公の衛宮士郎を慕う間桐桜を通して、聖杯戦争の真実に迫るストーリー。2017年10月に劇場公開された本作は、動員96万人以上、興行収入14億円突破を達成している(2018年1月時点)。アニメーション制作は2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。監督はキャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が担当する。全三章で贈る[Heaven’s Feel]の開幕――[I.presage flower]がいよいよ萌芽する。

監督:須藤友徳、原作:奈須きのこ TYPE-MOON、出演:杉山紀彰 下屋則子 神谷浩史 川澄綾子 植田佳奈 伊藤美紀 中田譲治 津嘉山正種 水沢史絵 真殿光昭 小山力也 神奈延年 関智一 浅川悠 三木眞一郎 田中敦子 諏訪部順一 てらそままさき 門脇舞以

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

桜ルートの第1章

「劇場版Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower」は、2004年にTYPE-MOONがPCゲームとして発売した「Fate/stay night」を映画化した作品です。日本の地方都市「冬木市」を舞台に、7人の魔術師(マスター)とその魔術師に仕える英霊(サーヴァント)達が、所有者の願いを叶える「聖杯」を巡って戦う「聖杯戦争」が描かれています。

ゲームでのルートは、大きくFate(セイバールート)、Unlimited Blade Works(凛ルート)、Heaven’s Feel(桜ルート)と3つに分かれており、この中の「Heaven’s Feel」を映像化したものが今回の劇場版のお話です。本作はHeaven’s Feelを3分割し、そのうちのプロローグから中盤に差し掛かるまでの物語を描いています。

このストーリーでは、亡き養父であり魔術師の衛宮切嗣に憧れ、正義の味方を目指す主人公・衛宮士郎と、特異な魔術の才を持って魔術師の家に生まれながら、とある事情により別の魔術師の家で養子として育てられた少女・間桐桜を中軸として進みます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=PVsNKUNU9X8

聖杯戦争開始

冒頭では、第五次聖杯戦争前の冬木市での、衛宮士郎と間桐桜の出会いと日常の様子が語られます。前向きな士郎に惹かれた桜は、毎日士郎の家に通って家事を教わりながら、関係を深めていくのです。そうした日々を送るうち、うつろだった桜の目に徐々に光が戻っていきます。しかし、聖杯戦争の開始とともに、この日常は崩れていくのです。

ある日、士郎が弓道部の後片付けをして帰ろうとすると、外で戦いの物音を聞きます。それはサーヴァントであるアーチャーとランサーの戦いでした。これを目撃してしまった士郎は口封じのためランサーに殺され命を落としかけますが、同じ学校に通う少女・遠坂凛に助けられ、自身もマスターとしてサーヴァント「セイバー」を召喚するのです。この後は、セイバー対ランサーや士郎が襲われる様子がダイジェストで流れます。

場面は教会に移動し、士郎は教会の神父であり魔術師の言峰綺礼から、聖杯戦争の話、10年前に多くの人を犠牲にし、自身も被害にあった冬木大火災が聖杯戦争のせいで起こったことを聞き、聖杯戦争に参加することを決意します。しかし、魔術師・イリヤスフィールとそのサーヴァント・バーサーカーから襲撃され、士郎は致命傷を負ってしまいますが、セイバーといることで急激な回復力を手に入れ、傷がすぐ癒えるようになったのです。

その後、聖杯戦争の影響から冬木市で事件が多く起こり、士郎は事件を未然に防ごうとパトロールを行います。

アサシンとランサーの対峙

パトロールの最中、柳洞寺で魔術師・葛木宗一郎とそのサーヴァント・キャスター、キャスターが召喚したアサシンが、何者かに殺されてしまいます。それは本来呼び出されるはずだった真アサシンです。

この時、言峰綺礼がランサーに柳洞寺の監視をさせていたため、真アサシンとランサーが対峙します。終始ランサーがアサシン押す形となり、基本はアサシンが逃げながら戦っているように見せながらもランサーを誘導し、宝具を発動したのです。ランサーも宝具を発動させましたが一歩遅く、謎の黒い影にランサーは飲み込まれてしまいます。この時点で3名のサーヴァントが消えました。

士郎は桜が聖杯戦争に巻き込まれるかもしれないと凜に相談し、士郎、凛、セイバー、アーチャーは強引に協力関係を結び、夜パトロールに向かいます。

柳洞寺にて

柳洞寺に士郎とセイバーが調査に向かいます。そこには、間桐臓硯とアサシンが待っており、二人は分断されてしまいました。士郎の元に戻ろうと必死のセイバー、しかし黒い影が忍び寄り、さらにアサシンの宝具も襲い掛かってきたため、絶体絶命です。士郎は間桐臓硯と戦いながらも令呪を使ってセイバーを引き寄せようとしますが間に合わず、セイバーは黒い影に飲み込まれてしまいます。完全にセイバーとのつながりを断たれた士郎を見た間桐臓硯は、アサシンに後を任せるとその場を去ります。
アサシンに命を奪われそうになる士郎の元にライダーが登場。ライダーはアサシンを翻弄し、アサシンは為す術無く撤退し、士郎の無事を確認したライダーもその場を去ります。
雪が降る中、衛宮邸で帰りを待つ桜。そして帰ってきた士郎、間桐邸で修羅場の真実を見つけたアーチャー。影に飲み込まれ、オルタに変わりつつあるセイバー。これらの様子が流れていき、第2章へと物語は続きます。

劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flowerの作品情報

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flowerのジャケット写真
レンタル開始日
2018/05/09
監督
須藤友徳
キャスト
杉山紀彰 下屋則子 神谷浩史 川澄綾子 植田佳奈 伊藤美紀 中田譲治 津嘉山正種 水沢史絵 真殿光昭 小山力也 神奈延年 関智一 浅川悠 三木眞一郎 田中敦子 諏訪部順一 てらそままさき 門脇舞以
上映時間
120分
劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flowerのユーザ評価

評価数:1257件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザの劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flowerの評価
  • 待ちに待った桜ルート映像化。 公開初日にも映画館で観ましたが何度も見直したいのでレンタルしました!ランサーの走るシーン。 真アサシン。麻婆豆腐と神父など、見所満載です。 Aimerさんの歌う主題歌も桜のことを歌った歌詞で見終わった直後の余韻が凄く良いです。
  • 作画も良く主題歌とストーリーがマッチしていてとても良いです。SNを知っていればHFは初見でも大まかには大丈夫ですが、原作を知っている方がより楽しめると思います。
  • 1章なので本質にはまだ触れていないのかなといった感じですが、次章から動きがありそうなので楽しみです。 間桐家のあれこれがここまで見れたのもすごくよかったです。 闘いのシーンでの作画の迫力がすごくて、見入りました。 言峰綺礼麻婆豆腐シーンがあってとっても嬉しい…。

参考URL
・youtube.com