SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のジャケット写真

香港警察爆発物処理局のチョン警官は、潜入捜査で犯罪グループを逮捕。しかし、主犯のホンを取り逃がしてしまう。1年半後、武装集団を率いたホンが香港のトンネルに爆弾を仕掛け、トンネル内の人々を人質にとる。

出演:ハーマン・ヤウ、出演:アンディ・ラウ

SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班の解説

香港騒然の大爆破予告に爆弾処理班が挑む

アジアのトップスター、アンディ・ラウが製作、主演を務める大ヒット爆破アクション。アンディが演じるのは、香港警察でNo.1の爆弾処理のプロと尊敬されるチョン警官。人質を守るため、爆破を得意とする武装集団のリーダーと対決する。リーダー役を演じるのは、『罪の手ざわり』のチアン・ウー。名優チアン・ウェンの実弟だ。監督は『八仙飯店之人肉饅頭』ほか、最近では『イップ・マン最終章』を手掛けている香港の鬼才、ハーマン・ヤウ。ハイテク技術を駆使しながらも、最後は人の手によって爆弾を解除するというプロの誇りや細かな職人技など、爆弾処理のシーンをリアルにきっちり描いて見せている。主人公まで容赦なく吹き飛ばされる危険水域ギリギリの爆破シーンや、血まみれの銃撃シーン、パトカーに突っ込んでくるトラックなど、香港アクション映画ならではの派手な仕掛けもたっぷり。アクション監督は『スパイダーマン2』を手掛けたディオン・ラムだ。なにより、正義が必ず勝つとは限らない、想像を超えたストーリー展開に、最後までハラハラドキドキさせられる。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=X-7NVAe9nJ8


SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班の作品情報

SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のジャケット写真
レンタル開始日
2019/02/20
ジャンル
洋画カンフー・アジアアクション
上映時間
118分

参考URL
・youtube.com