コーヒーが冷めないうちにのジャケット写真

やさしい笑顔の女性・数と彼女の従兄・流がもてなす喫茶店フニクリ・フニクラ。そこには、“ある席”に座って、いくつかのルールを守れば、望んだ時間に行くことができるという不思議な都市伝説があった。様々な「後悔」や「望み」を抱えた人が、今日もこの店を訪れる…。

監督:塚原あゆ子、出演:有村架純 伊藤健太郎 

コーヒーが冷めないうちにの解説

もしも、あの日に戻ることができたら、人生は変わるかもしれない――。誰にでもあるそんな望みを描いた話題のベストセラー小説「コーヒーが冷めないうちに」が超豪華キャストとスタッフによって待望の映画化。望んだ時間に戻ることができるという都市伝説を聞き、それぞれに願いを抱えた人々が次々とやってくる喫茶店。だが、そこには、「過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ」「過去に戻って、どんなことをしても、現実は変わらない」などいくつかのルールがある。これらのルールは、物語が進むにつれて観る者をドキドキさせ、さらに謎解きの要素も加わって、意外な展開がいつのまにか感涙の渦に巻きこんでいく。この優しい物語を編んでいくのは、豪華な俳優陣。コーヒーを注ぐカフェの看板娘役には有村架純。そのほか伊藤健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子ら、注目の俊英と演技派のベテランが揃った。うんと泣けて笑って、まぶしい気持ちで明日を迎えられそう。そんな夢いっぱいあふれる、ハートウォーミングな感動作だ。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=ekipOg9jkTI

コーヒーが冷めないうちにの作品情報

コーヒーが冷めないうちにのジャケット写真

レンタル開始日
2019/03/08
ジャンル
邦画ドラマ
上映時間
116分
さらに詳しく見る>
コーヒーが冷めないうちにのユーザ評価

評価数:6件
評価 :★★★★☆(4.7/5)

ゲオユーザのコーヒーが冷めないうちにのレビュー・評価
  • 波瑠と林遣都の軽いジャブのエピソードからの薬師丸ひろ子と松重豊の夫婦のエピソードでやられました。過去に戻ることで過去を変えることは出来ないけど向き合うことによって自分自身の気持が整理され前向きになれるとてもいい作品でした。
  • 映画館で号泣は2度目です。ものすごく自然に涙が出てました。でも終わりは暗くなく気持ちよく席を立てました。 超お薦めです!泣きますが!

参考URL
・youtube.com