アルキメデスの大戦のジャケット写真

1933年(昭和8年)、欧米列強と対立する日本は、秘密裏に世界最大の戦艦建造を計画。しかし、海軍少将の山本五十六は、飛行機が海戦の主流になると予測。計画阻止のため、戦艦建造費見積に過少申告を疑った山本は、天才数学者の櫂直に真の建造費算出を依頼する。

監督・脚本:山崎 貴、原作:三田紀房、出演:菅田将暉 柄本 佑 浜辺美波 笑福亭鶴瓶 小林克也 小日向文世 國村 隼 橋爪 功 田中 泯 舘ひろし

アルキメデスの大戦の解説

ブラッド・ピットが宇宙の彼方へ壮大なスペース・アクション大作
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや『永遠の0』のヒットメーカー山崎 貴監督最新作。数学者の視点で日本の兵器開発と第二次世界大戦を描く大人気コミックを映画化。菅田将暉が主人公の天才数学者を迫真の演技で表現している。
舞台は第二次世界大戦前、1933年(昭和8年)の日本。海軍少将の山本五十六は航空母艦の必要性を訴えていたが、大艦巨砲主義派の軍人たちは巨大戦艦の極秘建造計画を推進。シンボリックな巨大戦艦が開戦を促すことも危惧した山本は、安すぎる建造費見積に着目し、独自に真の建造費を算出して国家予算の無駄遣いを明らかにしようとする。そこで選ばれたのが、変わり者の天才数学者・櫂直。櫂は戦争阻止のため巨大戦艦「大和」の秘密に迫っていく。
情報収集や数学の力で謎を解き明かしていく頭脳戦と、名優扮する軍人たちが激論を交わしてぶつかりあう会議シーンがスリリング。さらには、最新のVFXで大和の最後の姿も描かれる。誰もがその顛末を知る戦艦「大和」の架空の建造秘話ながら、本当にこんなことがあったのかもしれないと思わされてしまう、異色の戦争映画大作だ。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=jGhRxsYaYvM

アルキメデスの大戦の作品情報

アルキメデスの大戦のジャケット写真

レンタル開始日
2020/1/8
ジャンル
邦画歴史戦争
上映時間
130分