伏線の回収が見事な洋画 【2010年代公開】の画像

映画のラストのどんてん返しが面白くて好き!という方は多いでしょう。ストーリーのそこかしこに散りばめられていた伏線が、ラストでパズルのように一つに繋がる感覚は、爽快ですよね。

伏線の回収が素晴らしい映画は、初めて見るときにはエンドロールを眺めながら「あのシーンはこんな意味があったのか!」と思い返すのも楽しいですね。そして、次に見るときには伏線をしっかりとチェックしながらストーリーの奥深さを味わうことができるため、何度も楽しめます。

今回は2010年代に公開された、伏線の回収が見事な洋画をご紹介します。

グランド・イリュージョン

2013年に公開された『グランド・イリュージョン』は、トリックで大金を奪うスーパー・イリュージョニスト・グループと、彼らを追う捜査陣の姿を描く犯罪サスペンス映画です。

ストーリーだけではなく、トップクラスのマジシャン達の助けを借り、ほとんど特殊効果を使わずに俳優たちが実際に行って撮影されたマジックにも注目です。

続編「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」も2016年に公開されました。

グランド・イリュージョンのジャケット写真

レンタル開始日
2014/03/20
ジャンル
洋画アクション
出演
ジェシー・アイゼンバーグ
マーク・ラファロ
メラニー・ロラン
モーガン・フリーマン
マイケル・ケイン
ウディ・ハレルソン
アイラ・フィッシャー
デイヴ・フランコ

グランド・イリュージョンの評価

評価数:20303件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのグランド・イリュージョンの「絶賛」レビュー・評価
  • マジックで強盗をするという考えが新しく、そのマジックを観ている時は心臓がばくばくして興奮している状態が観ている最中、観終わったあとでもしていました。 一度は観ておきたい作品です!
  • それほど驚かされてスッキリする映画はないってほどビックリします。 ここまでのマジックは、すでにマジックとして映画を見るのか、アクションもしくはファンタジーと言っていいほど大がかりで、度肝を抜かれること間違いなしの作品です。

インセプション

2010年に公開された『インセプション』は、人の潜在意識(=夢の中)に潜入してアイデアを盗むスパイが挑む、最後の危険な任務を描くサスペンス・アクション映画です。

本作独自の設定が多く難解ではありますが、全米脚本家組合賞ではオリジナル脚本賞を受賞し、エヴァンゲリオンの庵野 秀明監督が「面白い」と絶賛するなど評価の高い作品です。夢の世界が舞台の物語が好きな方にオススメの映画です。

インセプションのジャケット写真

レンタル開始日
2010/12/21
ジャンル
洋画SF
出演
レオナルド・ディカプリオ
エレン・ペイジ
マリオン・コティヤール
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
渡辺謙
キリアン・マーフィー
トム・ハーディ
トム・ベレンジャー
マイケル・ケイン
ディリープ・ラオ
ルーカス・ハース
タルラ・ライリー

インセプションの評価

評価数:1468件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのインセプションの献身の「絶賛」レビュー・評価
  • 夢と時間というワクワクする設定が面白かったです。最後のメッセージが深くて感動しました。
  • 近年稀に見るハイレベルな映画だと思います。難解な映画と言われているようですが、冒頭から真剣に観れば理解できると思います。ネタバレなしの解説サイトを読んでから観た方が解り易いかもしれませんが。キャスティングが絶妙です。

シークレット・オブ・モンスター

2016年に公開された『シークレット・オブ・モンスター』は、ジャン=ポール・サルトルの短編小説『一指導者の幼年時代』をベースに映画化したミステリーです。

ヴェルサイユ条約締結直前のフランスを舞台に、アメリカからやって来た政府高官の幼い息子が、やがて狂気のモンスター独裁者へと変貌してしまうまでの謎に迫ります。

難解で一度見ただけでは「秘密」を説くことが難しいかもしれませんが、見るたびに新しい発見のある映画です。

シークレット・オブ・モンスターのジャケット写真

レンタル開始日
2017/05/17
ジャンル
洋画サスペンス
出演
ベレニス・ベジョ
ステイシー・マーティン
ロバート・パティンソン
リーアム・カニンガム
トム・スウィート

シークレット・オブ・モンスターの評価

評価数:110件
評価 :★★☆☆☆(2.8/5)

ゲオユーザのシークレット・オブ・モンスターの「絶賛」レビュー・評価
  • 何故評価がこんなに低いのだろう。 独裁者ムッソリーニの幼少気の話し。 最後の結末に、あぁ、やはり大人の世界ってこうだよなぁ。ってなります。笑。 主役のプレスコットがほんとうにかわいい。 服装やインテリアもお洒落で見ていて惹かれます。
  • 予告に騙されそうと思う前にまず観てみてください。監督の隠されたメッセージをひとつずつパズルのように解いていく楽しさを味わってください。

ピエロがお前を嘲笑う

2015年に公開された『ピエロがお前を嘲笑う』は、陰謀に巻き込まれた天才ハッカーが、巨大組織と闘うサイバースリラー映画です。

ハッカー集団CLAYを結成した学生のベンジャミンは、経済界や政界などさまざまなシステムに侵入。軽い気持ちで始めるも、次々と問題が発生し最後には自分の命まで狙われてしまいます。

見る者を驚かす大どんでん返しの結末に、ハリウッドでのリメイクも決定しています。

ピエロがお前を嘲笑うのジャケット写真

レンタル開始日
2017/02/02
ジャンル
洋画サスペンス
出演
トム・シリング
エリアス・ムバレク
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング
アントニオ・モノー・ジュニア
ハンナー・ヘルツシュプルング
トリーネ・ディアホルム

ピエロがお前を嘲笑うの評価

評価数:1299件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのピエロがお前を嘲笑うの「絶賛」レビュー・評価
  • ハリウッドでリメイク決定らしいですが リメイクしなくても良作。 内容のてんこ盛り感はあるけど 新種のサスペンス風味。 最後まで飽きずに観れた。
  • ソーシャルネットワーク的な ネット、ハッキングの話しですが、ソーシャルネットワーク見たく カタく、難しく無く、天才的な技を出しながら、テンポ良く話しが進み、最後にドンデン返しが多々あるにもかかわらず、納得出来、驚きの作品です 他の方の評価にも有る用に、もっと評価が高い作品です 良い映画でした。

ホワイトハウス・ダウン

2013年に公開された『ホワイトハウス・ダウン』は、ホワイトハウス(アメリカの大統領官邸)が謎の武装組織に乗っ取られ、徹底的に破壊されていく危機を描くアクション映画です。

アメイジング・スパイダーマン」のジェームズ・ヴァンダービルトによる脚本を「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督が映画化しました。

本作と同じくホワイトハウスが狙われる映画に「エンド・オブ・ホワイトハウス」がありますが、本作の方がより娯楽性を重視した内容になっております。

ホワイトハウス・ダウンのジャケット写真

レンタル開始日
2014/01/08
ジャンル
洋画アクション
出演
チャニング・テイタム
ジェイミー・フォックス
マギー・ギレンホール
ジェイソン・クラーク
リチャード・ジェンキンス
ジェームズ・ウッズ
ジョーイ・キング

ホワイトハウス・ダウンの評価

評価数:14651件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのホワイトハウス・ダウンの「絶賛」レビュー・評価
  • ストーリーも無駄なく集中できる作品でした。誰が画策したテロなのか最後まで想像できない面白さでした。映像も綺麗です。
  • テロっていう重いテーマだったけど、このホワイトハウス映画はかなり所々に小ネタがあって、笑いながら、泣きながら、見れました。エミリーちゃん本当に勇敢すぎた…。最後は号泣した。それからジョンかっこよすぎる!父娘の関係が戦いを経て変わるのも見所。大統領が撃つとき眼鏡かけるのすごい好きだった。平和主義者が銃を持つって!でもちょっとドジっ子入ってなかったかな大統領?(笑)可愛かった(笑)

まとめの一言

今回は、伏線の回収が見事な洋画をご紹介しました。ラストでしっかりと伏線を回収しているので、謎が残らずすっきりします。

「自分は騙されないぞ」と思っていても、ついつい策略にハマりラストの展開には驚いてしまうもの。あなたはラストシーンが訪れるよりも先に、真相を暴くことができるでしょうか?

作品は、最近のものだけでなく古い作品もありますので、年代別にチェックするのがおすすめです!友人や家族と鑑賞し、観終わったあとは感想を伝え合うのも楽しいかもしれませんね。まだ見ていない作品があったら、ぜひチェックしてみましょう。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局