伏線の回収が見事な邦画 【2000年代公開】の画像

伏線を張りすぎて回収しきれていない映画を見てしまうと、「あれは結局なんだったんだろう?」ともやもやした後味の悪さが残ってしまい、映画の面白さが半減してしまうこともありますよね。反対に、ストーリーや映像の各所に散りばめられた伏線が、映画のラストに一気に回収されたときの爽快感は格別です。

伏線の張り方が秀逸な作品では、見ている側にそれが伏線であることを気付かれないような巧妙さがあります。伏線は印象に残りすぎてもわざとらしくなってしまい、全く印象に残らないようでは伏線として成り立たたないため、映像で表現するのは難しいものです。

その扱いが難しい伏線を見事に回収している邦画を、2000年代に公開されたものの中からご紹介します。

アフタースクール

2008年に公開された『アフタースクール』は、大人になったかつての同級生たちが織り成すサスペンス・コメディ映画です。

「甘く見てるとダマされちゃいますよ」のキャッチコピー通り、最後の大どんでん返しに驚くこと必至です。「映画からの挑戦状」だと思って、ぜひ、これ以上の事前情報はなしでご覧ください。果たして「ダマされずに」済むことができるでしょうか?

アフタースクールのジャケット写真

レンタル開始日
2008/11/28
ジャンル
邦画コメディ
出演
大石吾朗

アフタースクールの評価

評価数:2204件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザのアフタースクールの「絶賛」レビュー・評価
  • これこそ知る人ぞ知る名作と言ったところか…… いや、この面白さは界隈では既に有名なのかもしれない! 何を言ってもネタバレになるから詳しく言えないが、この脚本と配役を考えた人たちは化け物だ そして役者陣も豪華だし演技派ばかり 彼らも化け物 さながらモンスターハウスのようなヤバさ満載の映画だ 何回も見たくなること間違いなし
  • 一言で言えば「見事」な作品だったと思います。この映画の肝は作中のどこにトリックが隠されているかという点にあります。劇中の登場人物を騙すためのトリックであり、それがまた観ている側へのミスリードを誘うようなトリックでもあり、非常に巧妙だな、と感じられました。また、そのトリックを気づかれないようにするための脚本のみならず、キャスト陣の実力も伴ってのものだったと思います。二度観たい、と思わせてくれる作品です。

容疑者Xの献身

2008年に公開された『容疑者Xの献身』は、直木賞を受賞した東野圭吾の同名小説の映画化です。2007年にテレビドラマ化され人気を博した「ガリレオ」シリーズの1つで、テレビドラマ版と同じキャスト・スタッフで製作されました。

物理学者、湯川学(福山雅治)が、元同級生の天才数学者、石神哲哉(堤真一)が考案した殺人事件のトリックに挑みます。愛する女性を守るため、自ら犯罪に手を染めた石神の「献身」の行方は…?

容疑者Xの献身のジャケット写真

レンタル開始日
2009/03/18
ジャンル
邦画サスペンス
出演
福山雅治

容疑者Xの献身の評価

評価数:1468件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの容疑者Xの献身の「絶賛」レビュー・評価
  • 観てよかった…….そぅ単純に思える作品とは本当に少ないもので。この作品はそれに当たる☆*°人気のガリレオシリーズで初回の劇場版でもあるが、ただのサスペンスやミステリーで終わらず、その奥にある人間臭いドラマをしっかり盛り込んである。そこが泣けるし感動するし、共感というか心を寄せられます。 究極の愛…….この作品のテーマもそこに当てはまるような、そんな気がしますね。許されることではない、、それでも理不尽でどうしようもないこと。世の中には沢山あって。。。その合間をぬったような事件。 しっかり最後まで楽しめました。この当時の福山雅治は本当にカッコイイね!今も素敵であるが脂が乗り切ってるのはこの頃かなってファンとして思いました。
  • 素人でも理解しにくい物理学の内容をここまで、良い意味でわかりやすくサスペンスに取り入れる名作です。

サマータイムマシン・ブルース

2005年に公開された『サマータイムマシン・ブルース』は、タイムマシンを巡って思いがけない事態に巻き込まれる学生たちの姿を描く青春コメディ映画です。人気俳優、瑛太の初主演作でもあります。

タイムマシンを使って過去に行く理由が「昨日壊れたクーラーのリモコンを昨日にさかのぼって取りに行き、今日のクーラーをつけるため」だったり、そのリモコンを紛失して大騒ぎしたりと「とにかく笑いたい!」という方にオススメの映画です。

サマータイムマシン・ブルースのジャケット写真

レンタル開始日
2006/02/24
ジャンル
邦画青春
出演
瑛太

サマータイムマシン・ブルースの評価

評価数:1029件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのサマータイムマシン・ブルースの「絶賛」レビュー・評価
  • ゆる~いSF作品としても青春コメディ作品としても楽しめます。序盤に張った伏線を中盤以降の展開で回収していくさまは実に面白いです。視聴後にも様々考察できる部分があり、一度だけでなく繰り返しみたいと思わせられる一作でした。
  • タイムトラベルを扱った映画としては珍しく「過去は変えられない」という基本コンセプトをキッチリ守った脚本が見事。なのに、そこで起こる事件はユルユルでグダグダ。そのアンバランスが心地良い。 冒頭の何でもないようなシーンの中に”未来(?)”の出来事がしっかり写り込んでいます。見終わってからもう一度見直したくなる。そんな映画です。 原作が良いと本広監督でもこんな面白い映画が撮れるんですね。 超お奨め。

キサラギ

2007年に公開された『キサラギ』は、個性的な五人の実力派人気俳優が、小さな部屋を舞台に繰り広げるハートフル・サスペンス映画です。

自殺した元アイドルの一周忌に、ファンサイトで知り合った五人の男達が集まります。思い出を楽しく語り合うはずが、「彼女は殺された」という言葉をきっかけに、事態は急変。果たして彼女の死因は本当に「自殺」なのでしょうか。それとも…?

キサラギのジャケット写真

レンタル開始日
2008/01/09
ジャンル
邦画コメディ
出演
小栗旬

キサラギの評価

評価数:2583件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのキサラギの「絶賛」レビュー・評価
  • 「1つの部屋から全く出ない!」というのが、斬新でおもしろさをプラスにさせてくれました。 ストーリーが本当におもしろいです。 1人1人に謎や秘密があり、早く次の話を聞きたくてワクワクします。 もう一度見たいと思える作品でした!
  • 95点!滅茶苦茶面白い!好みが分かれるとは思いますが、一見シンプルなのにトコトン引き込まれる脚本と構成は見事!小栗旬や香川照之の、他の映画では見たことのないようなギャップある演技も高評価ポイントです。エンドロールでは死ぬほど笑いました。酒井香奈子って女優もやってたんだな…

アヒルと鴨のコインロッカー

2007年に公開された『アヒルと鴨のコインロッカー』は、隣人・河崎の奇妙な計画に巻き込まれた青年・椎名が、事の真意を知るまでを描いた青春ミステリー映画です。原作は第25回吉川英治文学新人賞受賞作である伊坂幸太郎の同名小説です。一見謎のタイトルですが、映画を見ると意味が分かるようになっています。

「隣に住むブータン人のために本屋から広辞苑を盗みたい」という河崎が椎名を巻き込んで本屋から強盗して来たのはしかし、広辞苑ではなく、広辞林でした。そこには2年前のある事件と、河崎の「秘密」が関係しているのでした。果たして彼の正体や目的は?

アヒルと鴨のコインロッカーのジャケット写真

レンタル開始日
2008/01/25
ジャンル
邦画青春
出演
濱田岳

アヒルと鴨のコインロッカーの評価

評価数:2146件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのアヒルと鴨のコインロッカーの「絶賛」レビュー・評価
  • 本屋を襲う。 冒頭から引き込まれる!! そしてどんでん返し!!!! 驚きと切なさが同時に来て、気づいたら嗚咽するほどの号泣。 ハッピーエンドではないけれど、最後はほっこりするような映画です。 罪は純粋な人をも罪人にしてしまう。 この映画の根底を知るには最後まで観ないとわからない! 途中までは単調なシーンが続くけど、どうか寝ずに観て欲しい…
  • タイトルからはあまり想像できないですが、ミステリーもの。主人公は新しくアパートに越してきた大学生ですが、物語のほとんどはアパートの隣に住む謎の男に焦点があてられて話が進みます。映画前半はコメディなトーンで語られ、隣の住人は人物としてなかなか面白い奴という印象を強く与えてきます。そのため謎の行動の数々もあまり気にならず、その矛先を反らすカンジが後半のミステリー展開を引き立てます。後半の展開はそれまでにあった様々な伏線を回収したり、タイトルを回収したりと凄く丁寧に描かれていきます。真相は分かりやすいですが、スッキリとして面白い作品でした。

まとめの一言

映画を見ていて怪しい人物や、なんとなく気になる部分から予想していたラストとは全く違っていたり、予想以上のどんでん返しがあったりすると思わず感心してしまいますね。

気にもしていなかったシーンや登場人物が実は伏線であったことが分かると、「あー、やられた!」と思いながらも、騙されて悔しいというよりは嬉しい感覚になるから不思議です。ラストの伏線回収で、冒頭シーンや何気ないシーンに実は大切な伏線が張ってあったことが分かると、もう一度最初から見て確認したくなりますね。

今回ご紹介した映画は、伏線の張り方はもちろん、回収の仕方が見事な作品ばかりです。まだ見たことのない作品があった人は、ぜひ見てみて、騙されてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局