【邦画】パンデミック映画 おすすめ名作5選!の画像

目に見えない恐怖、ウイルス。その感染によるパニックや戦いを描いたパンデミック映画が、近年続々と製作されました。映画の中でウイルスに翻弄される人類の姿はしかし、現代の情勢と照らし合わせると、全くあり得ないとは言い切れない点が恐ろしいですね。

そんなパンデミック映画といえば洋画に多いのが事実ですが、日本製のパンデミック映画も忘れてはいけません。さっそく、日本のパンデミック映画のおすすめをチェックしていきましょう。

感染列島

島国である日本において新型ウイルスの感染が蔓延した場合、どのような事態となるかを描くサスペンスSF。

市立病院で救命救急医として勤務する松岡剛(妻夫木聡)のもとに運び込まれた急患。その患者の症状は新型インフルエンザのものでしたが、何かが違っていました。あらゆるワクチンが効かず、やがて患者は死亡してしまいます。「これは、新たな感染症ではないのか?」剛の不安は的中し、同僚の医師である安藤(佐藤浩市)をはじめ、医療スタッフや他の患者たちにまで院内感染は蔓延し、病院内はパニック状態に陥ります。

パンデミックと名づけられたこの謎の感染症蔓延の事態を重く見た世界保健機関は、メディカルオフィサーとして小林栄子(檀れい)を派遣します。彼女は、「わずか半年で感染者が数千万人にものぼる」という恐るべき事態を予測します。

悪い予感は的中し、ウイルスの蔓延は驚異的なスピードで加速していきました。患者の数は全国で数千万人を超え、日に日に増加していく死亡者たち。交通機関は凍結され、都市機能も停止してしまいました。

絶望的な状況の中、ウイルスを撃退し、崩壊寸前の日本を救うべく、医師たちが奔走します。

感染列島のジャケット写真

レンタル開始日
2009/07/10
ジャンル
邦画ドラマ
出演
妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 田中裕二 池脇千鶴 カンニング竹山 金田明夫 光石研 キムラ緑子 嶋田久作 正名僕蔵 ダンテ・カーヴァー 馬渕英俚可 小松彩夏 三浦アキフミ 夏緒 太賀 佐藤浩市 藤竜也
さらに詳しく見る >
映画『感染列島』の評価

評価数:727件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザの感染列島のレビュー・評価
  • 医療に従事している方たちの、大変さが身にしみました。 怖くて、切ない映画だった。
  • 題材は悪くないが得体の知れない未知のウイルスが蔓延してどうのこうののバイオディザスター映画としては有触れた内容だ。話が長すぎるので短めに圧縮して撮ってもよかった。

アイアムアヒーロー

2016年に公開された『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾の同名コミックを、「図書館戦争」シリーズの佐藤信介が実写映画化。冴えない男・英雄が謎の感染症Zqn(ゾキュン)から逃れるため、道中で出会った女子高生たちとサバイバルに挑みます。シッチェス・カタロニア映画祭観客賞、最優秀特殊効果賞受賞。

漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は35歳で、彼女とは破局寸前。しかし彼の平凡な毎日は、ある日一変します。英雄が徹夜仕事を終えアパートに戻ると、彼女は異形の姿Zqn(ゾキュン)になっていました。

「Zqnに噛まれるとZqnになってしまう」「頭を完全に破壊しないとZqnは死なない」ベテランアシスタントの三谷にそう教えられる英雄でしたが、三谷も既にZpnに噛まれた後でした。異形になる事を拒む三谷は自ら命を絶ってしまいます。

Zqnが街に溢れ、日本中がパニックに陥るなか、標高の高いところでは感染しないという情報を頼りに、英雄は富士山に向かいます。その道中で、女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・ヤブ(長澤まさみ)と出会った英雄は、彼女たちとともに生き残りをかけた極限のサバイバル挑みます。

アイアムアヒーローのジャケット写真

レンタル開始日
2016/11/02
ジャンル
邦画アクション
出演
大泉洋 有村架純 長澤まさみ 吉沢悠 岡田義徳 片瀬那奈 片桐仁 マキタスポーツ 塚地武雅 徳井優
さらに詳しく見る >
映画『アイアムアヒーロー』の評価

評価数:21477件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザのアイアムアヒーローのレビュー・評価
  • 原作とは違う部分もありますがとても楽しめました。ZQNのオリジナリティが表現されていると思います。
  • これが日本のゾンビだ!!日本のゾンビには愛がある!アメリカのゾンビとはひと味違う。

感染

2004年に公開された『感染』は経営難に苦しむ病院を舞台に、謎のウイルスが巻き起こす事件を描いたホラー。監督は「世にも奇妙な物語 映画の特別篇 雪山」の落合正幸。

経営危機に瀕した中央病院で、深夜、医療ミスによる死亡事故が発生しました。担当の外科医・秋葉医師は、内科の魚住医師の提案で看護婦らと共に隠蔽工作を画策します。そんな中、内臓が緑色の液体になって溶け出すと言う奇怪な症状の急患が運ばれて来ました。どうやら、未知のウイルスに冒されている様です。現状では自分たちの手に負えないと判断した秋葉は、受け入れを拒否。ところが、突如現れた赤井医師によって、患者は院内に運び入れられてしまいます。ウイルスは接触した看護婦らに感染し、次々に命を奪っていきます。

しかし、全ては医療ミスを犯した秋葉の心を侵蝕した「罪の意識」と言うウイルスが見せた妄想でした。赤井医師の正体は医療ミスで亡くなった患者の亡霊であり、魚住医師や看護婦たちを殺したのは秋葉自身でした。事件は、翌朝出勤して来た中園医師によって発見されますが、中園もまた「罪の意識」からウイルスに感染してしまいます……。

感染のジャケット写真

レンタル開始日
2005/04/01
ジャンル
邦画ホラー
出演
佐藤浩市 高嶋政伸 南果歩 佐野史郎 星野真里 真木よう子 木村多江 羽田美智子 草村礼子 モロ師岡 山崎樹範 谷津勲 山城佑太 三田恵子 江咲亜希子 須賀健太 石橋祐 浅見小四郎 前田昌明 森康子 渡辺航 中村祐樹 高橋健人
さらに詳しく見る >
映画『感染』の評価

評価数:487件
評価 :★★★☆☆(3.2/5)

ゲオユーザの感染のレビュー・評価
  • 劇場公開時は「予言」と同時上映だったが、シチュエーションで怖がらせる 「感染」とストーリーで引き込む「予言」のマッチングは見事。 すべてを病院内で展開させ、外部の描写を排除したことで「院内感染」の 恐怖をうまく描いている。拡げた風呂敷をたたみきれなかった感はあるが、 そもそも本作の場合、状況と設定こそがすべてであって、結末はさして重要ではない。 新境地の南果歩に拍手。
  • 見ごたえのある医療サスペンス風ホラー。単なるホラーでなく、昨今の医療問題の根深さが表現されていて、なかなか良く練られた脚本だと感じた。「赤いりんごを見ていつでも赤いと感じるのは、脳が赤を作り上げているからだ」と言う台詞。そしてラストの赤と緑の逆転。これを、「物事は、どんな場合も見方の違いによって異なった捉え方ができるものだ。片寄った見方は、偏見と言う闇を心に寄生させることになるだろう」というメッセージだと受け取るのは穿ち過ぎか?

カメラを止めるな!

2018年に公開された『カメラを止めるな!』は、ワンシーン・ワンカットで描かれる思わぬ事態に直面する撮影隊の様子と、その裏側をコミカルに描写したサバイバル・コメディ。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018ゆうばりファンタランド大賞を受賞しました。

「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる」というキャッチコピー通り、後半から面白くなる映画です。なるべくネタバレしないで見ることをオススメします。

カメラを止めるな!のジャケット写真

レンタル開始日
2018/12/05
ジャンル
邦画ホラー
出演
濱津隆之 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 大沢真一郎 山口友和 イワゴウサトシ 高橋恭子 生見司織
さらに詳しく見る >
カメラを止めるな!の評価

評価数:1983件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのパンズ・ラビリンスのレビュー・評価
  • 前半は、もう二度とみたくない! 後半は、何度でも繰り返しみたい! そんな映画でした。
  • なにかを作る人には見て欲しい映画。色々と逆手に取って「こう来たか!」と思わせてくれる。最後には見て良かったなと思える。邦画もまだまだ終わっちゃいない。

東京ゾンビ

2005年に公開された『東京ゾンビ』は、カルト漫画家、花くまゆうさくの代表作を映画化したホラー・コメディです。主人公のフジオとミツオを演じるのは、いまや日本映画界を代表し、出演作も多数にのぼる二人でいながら、今回が初顔合わせとなる浅野忠信と哀川翔。

ちょっと未来の東京。町の片隅にある消火器工場で働くフジオとミツオは、毎日柔術の練習に明け暮れていました。柔術の師としてミツオを慕うフジオ、そんなフジオをかわいがるミツオ。二人は年齢を超えて兄弟のように親友のように、時にはそれ以上の絶対的な関係性で結ばれていました。

そんな二人の前に現れたのは、産業廃棄物のゴミ山「黒富士」から現れてきたゾンビたち。ロシアに行って最強の男になるという夢を叶える前に、なぜかゾンビと戦うことになってしまったフジオとミツオ。ゾンビに襲われていた女性を助ける2人でしたがしかし、ミツオがゾンビに噛まれてしまい、ゾンビ化は免れない状態に。

5年後、壊滅状態の東京は富裕層に支配され、そこでは「ゾンビファイト」という、ゾンビと貧困層を戦わせる富裕層の娯楽イベントが定期的に開催されていました。

ゾンビファイトに出演し、その賞金を収入源として暮らしていたフジオでしたが、ある日、ゾンビファイトにゾンビ化したミツオが現れます。2人の戦いの行方は…?

東京ゾンビのジャケット写真

レンタル開始日
2006/07/28
ジャンル
邦画ホラー
出演
浅野忠信 哀川翔 奥田恵梨華 古田新太 松岡日菜 中村靖日 曽根晴美 高樹マリア 谷村美月 楳図かずお 森下能幸 橋本さとし 三浦誠己
さらに詳しく見る >
東京ゾンビの評価

評価数:174件
評価 :★★★☆☆(3.1/5)

ゲオユーザの東京ゾンビのレビュー・評価
  • 哀川翔さんと浅野忠信さんのシュールさがグッド! 柔術は見た目地味だけど最強説、哀川翔さんの胃がん説、哀川翔さんのゾンビ説、などなどイチイチ面白い。浅野忠信さんのちょっとズレた感じもイチイチ面白かった。とってもシュールなゾンビ映画です。
  • コメディ色のつよいゾンビモノ。面白さとしてはうーんだけど、海外B級ではなく、日本でこういう作品は非常に珍しいので評価。

まとめの一言

日常に潜むウイルスの恐怖を描いたパンデミック映画は、もしかしたらヘタなオカルトホラー映画よりよほど怖いかもしれませんね。パンデミック映画の種類はまだ多くはありませんが、謎のウイルスによってゾンビ化したり命の危機に瀕したりといったパンデミック漫画は、近年多く発表されています。漫画の実写化が多い日本映画ですので、いずれ実写化によってパンデミック映画も増えていくのではないでしょうか?

現実でも、生物兵器やバイオテロなどのニュースを耳にすることがあります。しかし、目に見えない小さなウイルスによって人類が大パニックに陥るというストーリーは、映画の世界だけで体験したいものですね。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局