ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのジャケット写真

ジェイク・カスダン監督の「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」は2017年にアメリカで、日本では2018年に公開されました。1995年に公開したジョー・ジョンストン監督作品「ジュマンジ」の続編で、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラックやカレン・ギランなどが出演しています。

舞台は前作からおよそ20年後の世界。古いテレビゲーム“ジュマンジ”を発見し、ゲームの世界に吸い込まれてしまった高校生4人組の冒険を描いています。果たして彼らは、ゲームをクリアして現実世界に戻れるのでしょうか?

レンタル開始日:2018/08/03、収録時間:119分、ジャンル:洋画アクション

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ジェイク・カスダン
原作:クリス・ヴァン・オールズバーグ
出演:ザ・ロック ジャック・ブラック ケビン・ハート カレン・ギラン ニック・ジョナス

はじまりはゲームカセット・・・

1996年アメリカ、ある朝男性はジョギング中に浜辺で「ジュマンジ」と書かれた古いボードゲームを拾い、自宅に持ち帰ります。自宅にいる息子にそのボードゲームを渡しますが、息子のアレックスは古臭いと見向きもしません。

ところがその夜、アレックスが寝ているとボードゲームの中から太鼓のような妙な音が聞こえ、不審に思ったアレックスがゲームを開くと中からゲームのカセットが出てきます。

それをセットしてゲームをスタートすると、画面が緑に光り、アレックスはゲームの中へ吸い込まれてしまいました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=mW6z19wNTmw

4人の高校生と再び現れたジュマンジの箱

2017年、ゲームオタクのスペンサーは、幼馴染みのフリッジのレポートを代筆したという事で、フリッジと共に放課後の居残りを命じられます。

同じく今どきの女子高生のベサニーも、授業中に友達と電話で話しているのを見つかり居残りをさせられます。マーサは体育の授業中に先生に反抗的な態度で口答えをして罰として居残りを命じられていました。

4人は学校の地下倉庫で書類整理をさせられますが、作業に飽きたフリッジが倉庫内を物色しだし、「ジュマンジ」と書かれたボードゲームを発見し、それぞれのキャラクターを決めてゲームをし始めます。

すると急にゲームが緑色の光を発し、1人ずつゲームの中へ吸い込んでいきました。

ゲームのキャラクターに大変身

ジャングルへと吸い込まれたスペンサーは、自分の姿だけでなく、声まで変わってしまったことに気づき、あ然とします。

そんなスペンサーのもとへ、次から次へと人が落下してきてますます困惑しますが、目の前にいる人物は、先ほど仲間たちが選択したゲームのキャラクターでした。4人はお互いを見て、それぞれがゲームのキャラクターに大変身している事に気が付きます。自分たちがゲームの世界に入り込んでしまったのだと悟ったのです。

気弱なオタクのスペンサーは筋肉隆々のマッチョなブレイブストーン博士に、アメフト選手のフリッジは背の低い動物学者のフィンバーに、ギャル系のベサニーはチビで中年太りの地図専門家のオベロン教授、そしてがり勉のマーサはセクシーな拳闘士に変身していたのです。

これからどうすればいいのか悩んでいた彼らの前にナイジェルという男が現れ、ゲームのミッションをクリアしないと元の世界には戻れないと告げました。

ナイジェルの説明によると、伝説のジャガー像の目として輝いていた宝石がヴァン・プルトによって盗まれてしまい、それまで平和だったジュマンジに呪いがかけられてしまったというのです。

ナイジェルは必死でジャガー像の目を取り戻しましたが、そこに再び目を戻す役割は4人に託します。ナイジェルから受け取った宝石と地図を元に、ジュマンジの平和を取り戻さなければ、4人は現実世界に戻れません。さらにジュマンジを救うためには、「欠けている部分」を見つけださなければならなかったのです。

次々と襲い掛かる試練

ナイジェルは地図と宝石を4人に託し「欠けたピースを探して」言ってどこかへ消えてしまいます。

ナイジェルから託された地図を読もうとするスペンサーですが、地図は真っ白で読むことができません。しかし、地図の読み解きに長けたオベロン教授に成り代わったベサニーには、白紙の地図を読むことができたのです。そこで彼らは、この世界も通常のゲーム同様、キャラクターごとにスキルが設定されており、それを活かしてゲームを進めることに気づきました。

突如としてヴァンの部下たちが宝石を取り返そうと彼らに襲い掛かりますが、美人ファイターになったマーサによって倒されます。なんとか敵から逃れた4人ですが、マーサは敵の手に掛かって命を落としてしまいました。

しかし、不思議な音とともに空からマーサが再び落ちてきます。またしても彼らは、この世界は他のゲームと同様、コンティニューが可能だということに気づいたのです。コンティニュー可能回数は、腕に描かれた3本のタトゥーの線で示されていました。たとえ何かで命を落としても3回までは復活できますが、使い切ってしまうとゲームオーバーになってしまいます。彼らを捕まえられなかったヴァンは、続いてワシを放ちます。

4人はまず、ナイジェルに教えられた「欠けている部分」を探して、町の市場へと向かいました。すると「欠けている部分」を知っているという子供に出会います。その子供に案内されると、蛇の入った箱がありました。彼らは4人で協力して蛇を倒すと、像を見たら登るようにとメッセージの刻まれたトーテム像を入手します。ヒントを手にして安心したのもつかの間、またしてもヴァンの仲間が彼らに襲い掛かり、絶体絶命のピンチに。

しかし救世主が現れ、4人を隠し通路に案内して助け出してくれました。救世主の名はアレックス。彼は4人同様にゲームの世界に引きずり込まれてしまい、クリアを目指していましたが、ライフが残りわずかになってしまったためひっそりと森に隠れていたのです。

実はアレックスは、4人より20年も前にジュマンジの世界に入り込んでいたため、ゲームの世界を端から端まで知り尽くしていました。アレックスこそがナイジェルの言っていた「欠けている部分」なのだと気づいた4人は、彼に一緒にジャガー像を目指そうと提案します。

初めは命が1つしかない事で躊躇していたアレックスですが、4人の説得に一緒に行く事を同意しました。こうして5人でゲームクリアに向けての冒険が始まります。

現実世界への帰還とジュマンジの破壊

格納庫を探っているとヘリコプターを見つけ、5人はそれに乗り込んでジャガー像を目指しました。しかし、途中でフリッジがジャガーの目を落としてしまいます。そこでスペンサーはフリッジの1回分の命と引き換えに宝石を取り戻します。再びジャガー像に向かう5人ですが、アレックスが蚊に刺されて命が尽きかけてしまいました。するとベサニーが自分の命をアレックスに渡し、アレックスを助けたのです。苦難を乗り越えたスペンサーはマーサに自分の気持ちを伝え、カップルとなります。ベサニーもアレックスが気になっていました。

ようやくジャガー像にたどり着いた5人の前には、ヴァン・ペルトやその仲間たち、ジャガーが立ちふさがっています。ジャガーに襲われて残りのコンティニュー数がなくなってしまったスペンサーは、先に進むことに躊躇します。ですが、フリッジの励ましによって前へと進んでいきます。フリッジの作戦にしたがい、5人で協力してゴールを目指していましたが、ベサニーがヴァン・ペルトに捕らえられてしまいました。しかし、フリッジとスペンサーによって、ベサニーはヴァン・ペルトの魔の手から逃れます。続いてスペンサーとマーサで、ジャガー像に宝石を返すことに成功しました。ジュマンジが明るく輝き、ゲームクリアとなったのです。5人の元にナイジェルが現れ、全員を元の現実世界へと返してくれました。

無事に現実世界へ戻った高校生4人組は、お互いに協力して困難を乗り越えたことで、かけがえのない親友になりました。またジュマンジでの経験のおかげでスペンサーは勇気と自信をもち、ベサニーは大自然でのアウトドアに興味を示しました。

4人はアレックスがいないことに気づき、20年前に少年が行方不明になったというヴリーク家を訪ねます。かつては荒れ果てていたヴリーク家ですが、今ではそんな面影は一切なく、手入れが行き届いていました。そこで4人は、大人になったアレックスと再会します。アレックスだけはゲームの世界に巻き込まれた1996年に戻り、それから現在に至るのです。

既に結婚し2児の父親になったアレックスは、娘に彼の命の恩人であるベサニーの名をつけており、改めて4人にお礼を言いました。4人は、誰かが再びジュマンジの世界に巻き込まれないように高校に戻って、ボーリングの球でジュマンジを破壊しました。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの作品情報

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのジャケット写真

レンタル開始日
2018/08/03
ジャンル
洋画アクション
収録時間
119分
さらに詳しく見る>
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのユーザ評価

評価数:2243件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの評価
  • 96年「ジュマンジ」が大ヒットしたが、05年宇宙編ザスーラがこけたのであまり期待せず見たが、オリジナル作とは違う話ながら、ジャングル内のツリーハウスが故ロビン・ウィリアムズ演じる前作の主人公アランが26年間独りで過ごした家などリンクする部分があり、とても面白かった。 前作同様家族で楽しめると思う。
  • ゲームの世界にタイムスリップしてステージをクリアして元の世界に戻る感じのストーリーでした。色々な巨大な動物が出てきて面白い映画でした。
  • ゲーマーが突然ゲームの中に入り込んだらどうなる?仲間を道ずれにゲームオーバーは出来ない状況。追い込まれたときのプレッシャーって凄いものがある。面白いタッチの展開に思わず笑ってしまう。

おすすめの関連作品『ジュマンジ』

本作だけでも楽しめますが、前作である「ジュマンジ」を見ることによって、作品同士の共通点や繋がりを見つけることが出来ます。また2019年12月には続編「ジュマンジ/ネクスト・レベル」が公開予定です。監督は本作同様ジェイク・カスダンが務め、本作から続投するキャストも多いです。

ジュマンジの作品情報

ジュマンジのジャケット写真

レンタル開始日
1998/11/19
監督
ジョー・ジョンストン
キャスト
ロビン・ウィリアムズ ジョナサン・ハイド キルスティン・ダンスト ブラッドリー・ヒアース ボニー・ハント ベベ・ニューワース デヴィッド・アラン・グリア パトリシア・クラークソン アダム・ハン=バード ローラ・ベル・バンディ
上映時間
104分
さらに詳しく見る >
ジュマンジのユーザ評価

評価数:2109件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 子供向けかなって思ったけど、サイコーに面白かった!ネバーエンディングストーリーみたいな感じ。児童向けのいいところはやっぱりハーピーエンドが良くって、ついで初心に帰れるような思いを想起させてくれるところ。
  • 止まったマスに書いてあることが、現実に起こる。全てが運任せだから、展開が読めない(ずるをするとどうなるかは見てのお楽しみ)。ザ・なんでもありで、最高にはらはらした。
  • ボードゲームに出た内容が現実に起こるという単純な話しですが、非常に内容が良く出来ています。ハッピーエンドで終わるので、後味も凄く良いです。家族でも楽しめる、オススメの1本です。