低予算ながらも大ヒットを記録した映画 【2010年代公開】の画像

映画といえば、莫大な製作費がかかるもの、というイメージがありますが、そんなイメージを覆すような作品も実は多く存在しています。

日本でも低予算映画が大ヒットしてその存在がクローズアップされましたが、実はよくよく探してみれば低予算でもヒットを記録した映画は少なくありません。

今回は、限られた予算の中でも面白い映画は作れるのだということを証明してくれる映画たちをご紹介します。莫大な製作費をかけて作られた壮大なスケールの映画もいいですが、低予算の中少ない人数で工夫を凝らして作られた映画にこそ、本当の面白さが隠れているかもしれませんよ。

カメラを止めるな!

2018年に公開された『カメラを止めるな!』は、日本製のホラー映画です。

ゾンビ映画撮影のため、山奥にある廃墟にやってきた自主映画のクルーたち。監督は本物を求めてなかなかOKを出さず、ついに42テイクに至ります。と、本物のゾンビが現れ撮影隊に襲いかかります。次々とクルーの面々はゾンビ化していきますが、監督は撮影を中止するどころか嬉々として撮影を続行。37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービーを撮った彼らとは……?

この続きは是非、事前知識なしで映画をご覧下さい。後半から凄く面白くなります。

カメラを止めるな!のジャケット写真

レンタル開始日
2018/12/05
ジャンル
邦画ホラー
出演
濱津隆之

カメラを止めるな!の評価

評価数:27件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのカメラを止めるな!の「絶賛」レビュー・評価
  • 最終的に全体が作品としてつながる凄絶な作品だった。
  • 低予算が話題の映画(^-^) 最初から一気に流して、後半は伏線回収。 これがすべてお見事!としか言いようのないものになっていてクスッと笑えます。 『あぁ』とか『へぇー』とか絶対に思いますよ〜(^O^)

ファウンド

2003年に公開された『ファウンド』は、世界各国の映画祭で40以上の賞を受賞した、アメリカ発のホラー映画です。

学校ではいじめられ、家庭では両親の不仲という辛い境遇にある11歳の少年マーティの楽しみは、家族の秘密を覗き見る事。だが、兄がクローゼットに隠していたのは、同級生の生首だった……。

ホラー映画というより青春映画という声もある一方、グロテスクな描写や本編と同じかそれ以上に残酷で猟奇的な劇中劇などもあるので、それらに耐性がない方は注意して下さい。

ファウンドのジャケット写真

レンタル開始日
2017/02/03
ジャンル
洋画ホラー
出演
ギャビン・ブラウン

ファウンドの評価

評価数:802件
評価 :★★★☆☆(3.0/5)

ゲオユーザのファウンドの「絶賛」レビュー・評価
  • バッドエンドのその先を視せてくれる作品。兄弟の歪んだ愛情も良かったし、地獄の様な作中作品も良かった。ラストは、兄なりの愛情なのだろう。弟を狂わせてこれ以上苦しみを感じさせないようにするための。狂ってる映画なのに、不思議と爽快感さえ感じた。
  • 低予算ながらお金が沢山かかっている映画より魅力的でした。 丁寧な心理描写で主人公の子にどんどんと引き込まれていきます。 スプラッターものではありませんが劇中劇にそのような描写が多くあり苦手な方は前頭葉が痛くなるかもですのでご注意を…。

タンジェリン

2010年に公開された『タンジェリン』は、アメリカ発のコメディ映画です。

ショーン・ベイカー監督が、アナモレンズを装着した3台のスマートフォン(iPhone5S)だけで撮影しました。また、トランスジェンダーを演じる主役の二人が実際にトランスジェンダーで、演技は未経験(今回が初)です。彼女たちの経験をもとに監督が脚本を作りました。

ロサンゼルスのクリスマス・イブを舞台に、トランスジェンダーの女性二人が抱える厳しい現実や切ない友情、恋愛を映し出します。下ネタ満載の爆笑コメディですが、最後には「ホロッ」とさせられます。

タンジェリンのジャケット写真

レンタル開始日
2017/08/02
ジャンル
洋画コメディ
出演
キタナ・キキ・ロドリゲス

タンジェリンの評価

評価数:84件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

ゲオユーザのタンジェリンの「絶賛」レビュー・評価
  • ロサンゼルスの街並みにリアル感ある撮影の運びに引き込まれました。 全シーンをスマホで撮ったというこに驚きです。 親友同士のニューハーフが、情熱的に生きる姿に元気と憧れ、また時に切なさを与えてくれます。 なんだかんだで、支え合う必要があることを分かっている二人に感動します。
  • 期待しないで借りたけど、引き込まれて楽しかった、下ネタもあるけど笑える程度で借りて良かったと思う。

モンスターズ 地球外生命体

2011年に公開された『モンスターズ 地球外生命体』は、イギリス発のロードムービーです。

1万5千ドルの低予算ながら、カンヌ国際映画祭で上映され絶賛されました。地球外生命体が増殖した地域(メキシコ)からの脱出を描きます。

タイトルの「地球生命体」はあまり描かれず、男女二人のロードムービーが本作のメインです。

本作のヒットが決め手となり、ギャレス・エドワーズ監督はハリウッド版ゴジラの次回作を任されることになりました。2014年には続編『モンスターズ/新種襲来』も公開されました(日本での公開は2016年)。

モンスターズ 地球外生命体のジャケット写真

レンタル開始日
2012/01/13
ジャンル
洋画SF
出演
ホイットニー・エイブル

モンスターズ 地球外生命体の評価

評価数:1353件
評価 :★★☆☆☆(2.9/5)

ゲオユーザのモンスターズ 地球外生命体の「絶賛」レビュー・評価
  • エイリアンと戦う近未来SFです。 SF物が大好きなので楽しめました。
  • 地球外生命体が増殖して隔離されたメキシコを横断してアメリカへ帰ろうとする2人のお話です。 モンスターも思ったより登場せず、戦闘シーンもほとんどありません。 最後はラブストーリーみたいになってます。 変わった設定で、面白いです。

まとめの一言

興味を引かれた低予算映画はありましたか?知らないタイトルが多かったでしょうか?

有名な俳優が出ていなくても、ド派手な演出がなくても、目を見張るようなCGがなくても、面白い映画はたくさんあるものです。本当に映画を愛しているからこそ、作りたいものがあるからこそ、予算がなくてもチャレンジし、苦労を重ねても作り上げることができたのだと考えれば、低予算映画を見ないのはもったいない気さえしてきてしまいます。

お金をかけた大作映画ばかりでなく、たまには低予算映画も見てみると、思わぬ素敵な映画との出会いがあるかもしれませんよ。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局