ミッション:インポッシブル フォールアウトのジャケット写真

トム・クルーズ主演の大ヒットアクションシリーズ第6弾『ミッション:インポッシブル フォールアウト』。世界各地での同時核爆発を阻止するため、イーサン・ハントとIMFのチームが、正体不明の犯人の行方を追う――手に汗握るアクションが連続! 

新しいシリーズが出るごとに最高の作品とも評価されており、必ず高所から吊られるアクションがあるのも見どころのひとつです。

レンタル開始日:2018/12/19、収録時間:148分、ジャンル:洋画アクション

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:クリストファー・マッカリー
脚本:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ レベッカ・ファーガソン アレック・ボールドウィン サイモン・ペッグ ヴィング・レイムス ミシェル・モナハン ヘンリー・カヴィル ヴァネッサ・カービー ショーン・ハリス アンジェラ・バセット

今回の指令はプルトニウムの奪還

米国の秘密諜報組織「IMF」のメンバーであるイーサン・ハント。彼の任務は、何者かに盗まれたプルトニウム3つを、テロリストたちの元に渡る前に安全に回収することです。イーサンは仲間と共に現在プルトニウムを持っているマフィアの元へ取引に向かいます。

しかし、その取引の最中に現れた謎の集団によって仲間のルーサーが人質に捕られ、彼を助けているうちにプルトニウムが奪われてしまいました。

プルトニウムを奪ったのは「アポストル」と名乗るテロ集団。彼らの目的はバチカン、イェルサレム、メッカの3ヵ所を同時に核で攻撃するという計画でした。

その後テレビにて、プルトニウムを使った爆弾にて3つの都市が攻撃された映像が流れます。イーサン一行は、プルトニウムから爆弾を製造した過激主義の科学者を騙してその設計図を入手します。そして「ジョン・ラーク」という謎の男と「ホワイト・ウィドウ」という美女がプルトニウムの取引を行おうとしていることを突き止めます。

イーサンは、2人が接触するパリに向かいます。しかしこの時、IMFとイーサンらに不信感を持つCIA長官のエリカがウォーカーというエージェントを、イーサン監視のために引き連れます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=XiHiW4N7-bo

敵の目的は?

ホワイトが主催するパーティーで彼女とジョンが取り引きをする予定だったため、イーサン達その前にジョンを眠らせて変装しようと試みますが、その計画は失敗に終わってしまいます。彼らが見つけたジョンは手強く、2人掛かりでも苦戦を強いられます。そんな危機的な状況を助けてくれたのは、イギリス諜報機関から指令で潜入していたイルサでした。突如2人の前に登場し、ジョンを銃で殺します。

変装はできなくなってしまったものの、ホワイトとジョンはお互いの顔を知らなかったため、変装なしで近づくように計画を変更し、イーサンはそのままホワイトに接触。銃撃戦となったパーティの中から彼女を脱出させ、信用を得ることに成功します。

ホワイトはアポストルとの仲介役でした。彼女は、イーサンがかつて捕らえたテロ組織のボス「ソロモン・レーン」を移送中に奪還して引き渡し、警官を殺せばプルトニウム1つを渡す、という交換条件を提示します。

イーサンは迷いながらもこの条件を引き受けます。ウォーカーと共に護送車をセーヌ川に突き落とし、仲間のベンジー、ルーサーと協力してソロモンを確保します。イーサンの作戦によって、警官を殺さずにソロモンの脱獄に成功するのですが、バイクに乗ったイルサがソロモンを襲います。イルサはMI6から裏切りの疑惑をもたれており、その証明のためにソロモン殺害を指令されていたのです。

なんとかイルサを撒いて無事にソロモンを確保できたのですが、警察を殺さなかったイーサンを不審に思ったホワイトは、イルサを殺害することを取り引き条件に追加します。

黒幕の正体は?

イーサンたちは拘束したソロモンを連れIMF長官のハンリーとアジトで合流します。ハンリーは、CIAがソロモンを脱獄させたイーサンこそが本物の「ジョン・ラーク」だと疑っている、計画を中止するとイーサンに告げます。

これを拒否したイーサンはハンリーを麻酔で気絶させ、ベンジーを変装でソロモンの替え玉にしホワイトとの取引に仲間と共に向かいます。

アジトにはソロモンとウォーカー、ハンリーだけが残ります。ウォーカーはソロモンの拘束を解き、一緒に逃げようとします。ウォーカーこそが本物の「ジョン・ラーク」でありソロモンの奪還を要求したアポストルの黒幕でした。

しかし、実は残ったソロモンもウォーカーのしっぽを出させるためにベンジーが変装した偽物。さらにハンリーの気絶も演技で、CIA長官エリカにウォーカーの正体を報告していました。

エリカはウォーカーの引き渡しを待たずCIA部隊をアジトに突入させます。混乱に乗じてウォーカーはハンスを刺殺し、本物のソロモンを連れ逃走。イーサンたちは2人を追います。

テロを防げ!

ウォーカーたちはカシミールに逃げていました。ここで2つの核爆弾を爆発させ、インドの水源を汚染しようとしていたのです。イーサンたちはベンジーがウォーカーに付けていた発信機を追い、医療キャンプに辿り着きます。そこにはイーサンの元妻ジュリアが働いていました。

1つ目の爆弾が見つかり、その処理はルーサーに任されましたが、解除するには同時に2つの爆弾のコードを切り、同時に起爆装置も停止する必要がありました。

2つ目の爆弾はソロモンの潜む小屋の中にあり、イルサとベンジーが辛くも彼を捕らえます。

残るウォーカーは起爆装置を作動させ、仲間と2台のヘリで逃走します。イーサンは片方のヘリを奪い、ウォーカーの乗ったヘリに体当たりをして両機とも墜落します。2人は断崖絶壁の上に落ち、決死の戦いを繰り広げます。

なんとかイーサンが勝ち、ギリギリで爆発は食い止められました。彼はCIAによって医療キャンプに連れられ、ジュリアに危険に巻き込んだことを詫びます。すると彼女は笑顔で感謝を伝えて去っていきました。

ソロモンはイギリスに身柄を引き渡され、謎の女性であったホワイトはソロモンを捕まえるためのCIAの協力者だったことが判明。MI6から疑惑をかけられていたイルサの疑いも晴れ、それぞれの人物の謎や問題なども解決したのでした。

ミッション:インポッシブル フォールアウトの作品情報

ミッション:インポッシブル フォールアウトのジャケット写真

レンタル開始日
2018/12/19
ジャンル
洋画アクション
収録時間
148分
さらに詳しく見る>
ミッション:インポッシブル フォールアウトのユーザ評価

評価数:524件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのミッション:インポッシブル フォールアウトの評価
  • とても面白かった。ミッションインポッシブルは過去の作品も全て見てるが年々面白くなってきていると思う。最後の最後でいつもどんでん返しする展開が好き。
  • これまでの作品の中でも、優秀なモノだと思います。俳優さん達はお馴染みのメンバーで安心して見られますが、ストーリーは展開が早く楽しめました。
  • トムクルーズはジャッキーチェン化が止まらないですね!ジャッキーチェンに憧れスタントの道に入り、今回も大きなスタントで通した。トムがますますジャッキーチェン化している(笑)大掛かりなこと、特殊なトレーニングをしなければできないことをやっているので、ある意味、ジャッキーを超えたとも言えます。

おすすめの関連作品

ミッション:インポッシブルシリーズはなんといっても、主人公のトム・クルーズが演じるイーサン・ハントの派手なアクションです。

今回の作品では、過去のシリーズで登場したアクションを再度盛り込んでいるという特徴もあります。過去シリーズを見ている方も多いとは思いますが、このアクションが良いと思ったシーンがあればそのアクションが登場する過去シリーズをもう一度見直すのも楽しみ方のひとつです。

絶壁のロッククライミングは2000年に公開された「ミッション:インポッシブル2」、屋根の上を駆け抜けるハラハラするアクションは2006年公開の「ミッション:インポッシブル3」、バイクでの派手なアクションは4作目にあたる2011年公開の「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」です。 またフォールアウトの監督を務めたクリストファー・マッカリーの他作品としては脚本を務めた2017年の「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」や、監督として制作に携わった2013年公開の「アウトロー」などがあります。

どちらも主演がミッション:インポッシブルと同じトム・クルーズで、アクションも含まれた作品です。「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」は飛行機事故で死んだ男性が古代エジプトの王女との戦いを描くストーリーで、「アウトロー」は元軍人が事件の解決に挑む小説を映画化した作品です。

ミッション:インポッシブル2の作品情報

ミッション:インポッシブル2のジャケット写真

レンタル開始日
2004/02/06
監督
ジョン・ウー
キャスト
トム・クルーズ ダグレイ・スコット タンディ・ニュートン ヴィング・レイムス リチャード・ロクスバーグ ジョン・ポルソン ブレンダン・グリーソン レード・セルベッジア アンソニー・ホプキンス
上映時間
116分
さらに詳しく見る>
ミッション:インポッシブル2のユーザ評価

評価数:2905件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 感想の前に一つ断言しちゃうけど、 この作品、私が今までに見た全ての映画の中で一番面白かったです…!!! 何回見ても粗がほっとんど見つからないし 映画館に1日2回見に行った日もあったし、 お世辞抜きに、本当に全ッ然飽きずに見れたし 時間があるときは何度でも観たいです。 そんな超良作でした。
  • 個人的に1はストーリーとして難しく感じたので、この作品のほうが深く考えずに単純に楽しめました。1がサスペンスなら2は娯楽アクションです。監督がジョン・ウーに代わったのが大きいと思います。バイクシーンなどは迫力がありました。
  • 純粋なスパイアクション映画としてみれば最高におもしろいです トム・クルーズが鍛えぬいた体を使ってアクションやりたい放題! 恋愛エピソードはいらなかったけど… ただ、もはや「スパイ大作戦」ではないです それだけはお忘れなく(笑)

ミッション:インポッシブル3の作品情報

ミッション:インポッシブル3のジャケット写真

レンタル開始日
2006/11/17
監督
J・J・エイブラムス
キャスト
トム・クルーズ フィリップ・シーモア・ホフマン ヴィング・レイムス ビリー・クラダップ ミシェル・モナハン ジョナサン・リース・マイヤーズ ケリー・ラッセル マギー・Q サイモン・ペッグ ローレンス・フィッシュバーン
上映時間
126分
さらに詳しく見る>
ミッション:インポッシブル3のユーザ評価

評価数:3021件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • トムクルーズのミッションインポッシブルシリーズはどの作品を見てもジェームスボンドに匹敵して面白い。
  • 息もつかせぬ、とはこのことだ。音響も申し分なく、かなり 迫力のある映画に仕上がっている。それにしても、トム・クルーズには衰えというものが全く見られない。羨ましいかぎりだ。
  • 妻への愛ゆえに常軌を逸してしまうイーサン。トム・クルーズもキレると怖い。そんなシーンを含むため他の作品よりもシリアス度が高いと思う。しかし、今作品で初登場となるコメディ俳優、サイモン・ペッグの存在によって作品が重くなりすぎず、親しみやすさを残している。サイモン・ペッグ大好き。

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコルの作品情報

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコルのジャケット写真

レンタル開始日
2012/04/27
監督
ブラッド・バード
キャスト
トム・クルーズ ジェレミー・レナー ポーラ・パットン サイモン・ペッグ ジョシュ・ホロウェイ ヴィング・レイムス レア・セドゥ トム・ウィルキンソン ミカエル・ニュークヴィスト ウラジミール・マシコーフ
上映時間
132分
さらに詳しく見る>
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコルのユーザ評価

評価数:7460件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 前作からガラッと雰囲気が変わり、各キャラクターの個性も生かされ、アクションやスパイ活動にドキドキの132分でした。これぞエンターテイメント映画だって感じでした。
  • ストーリーを完全に把握しようとすると集中力が必要だが、アクションだけでも十分楽しめる。 ロシア、ドバイ、インドと移り変わる舞台も豪華。
  • 良質のアクション映画を3本ばかり集めて、1本の映画に凝縮したような圧倒的な娯楽大作。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の作品情報

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女のジャケット写真

レンタル開始日
2017/11/22
監督
アレックス・カーツマン
キャスト
トム・クルーズ ソフィア・ブテラ アナベル・ウォーリス ジェイク・ジョンソン コートニー・B・ヴァンス ラッセル・クロウ マーワン・ケンザリ ニール・マスケル
上映時間
110分
さらに詳しく見る>
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女のユーザ評価

評価数:4956件
評価:★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • ただの呪いではなく神秘的で強欲で美女の野心と怖さが浮き彫り。 トム・クルーズが演じる数多く中で数少ない凡人ぽい方の役だったので逆にそれが当たりになったっぽい作品
  • トムクルーズがカッコよく、ストーリーもよく出来ていました。トムの映画でのキャラクターは少しヤンチャ過ぎて、合っていない気はしますが、全体的に良かったです。
  • トムクルーズのヒーローものに慣れてるとチョット結末が違うところが新鮮味あって予想外にグッドだった。

アウトローの作品情報

アウトローのジャケット写真

レンタル開始日
2013/06/21
監督
クリストファー・マッカリー
キャスト
トム・クルーズ ロザムンド・パイク ヴェルナー・ヘルツォーク ロバート・デュヴァル
上映時間
130分
さらに詳しく見る>
アウトローのユーザ評価

評価数:16821件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 最初から衝撃的でしたが、いろいろ推理して考えながら見られたので面白かったです。
  • 静かに活躍するトムクルーズです。アクションシーンに音楽がなく淡々と進んでいきます。とても見やすいですが、いつものトムクルーズ作品を期待する人には物足りないかもしれません。物語も特別な感じではなくトムクルーズ作品によくある悪に立ち向かうヒーローです。個人的にはラストのアクションは面白いなと思いました。
  • トムクルーズさすがでした。 動きがかっこよくて、とても良かったです! でも、ミッション…の方が頭使っている感じで私はそちらの方が好きでした。 もちろん、この映画も深くて映像が綺麗で好きですがo(*>_<*)o