もののけ姫のジャケット写真

1997年公開の『もののけ姫』は、宮崎駿監督が構想に16年、制作に3年の月日をかけて手がけた超大作です。興行収入は193億円を記録し、20世紀の日本映画の中でも歴代1位の記録を持つ映画として知られています。

ある日、平和に暮らしていた少年アシタカの住んでいる村に、「タタリ神」として畏怖されている猪神がやって来て村の人々を襲います。その神を退治した彼は呪いをかけられてしまい、祟りの謎を解くために村を出て旅をするというストーリーです。

もののけと人間の関係が複雑に絡み合い、壮大なスケールで描かれています。人間と動物や植物などが共に生きていく方法を考えるきっかけとなるのではないでしょうか。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
出演(声):松田洋治 石田ゆり子 田中裕子 美輪明宏 小林薫 森繁久彌 森光子 西村まさ彦 上條恒彦 島本須美 渡辺哲 佐藤允 名古屋章

呪いの謎を解く旅へ

舞台は中世の日本。エミシ(蝦夷)の村で平和に暮らしていたアシタカという少年は、将来的には村の長になる予定の人物です。

ある日、アシタカは山の不穏な雰囲気を察して山へと急ぎます。なんと、「タタリ神」が猪に姿を変えて、エミシ村に向かって猛スピードで突進してきているのです。

「タタリ神」に手を出してはいけないと知っていながらも、村を守るためアシタカはタタリ神に向かって矢を撃ち放ちます。倒れたタタリ神は、呪いの言葉をつぶやき息絶えます。

溶けたタタリ神の体から、鉄のつぶてが出てきました。タタリ神はどうやら何者かに呪いをかけられていたらしく、神を倒したアシタカの右腕にも「呪いの印」が刻まれてしまいました。

村の占い師は、このまま死を待つしかないが、タタリ神がやってきた西の村に呪いを解く方法があるかもしれないと告げます。呪われてしまったアシタカは村から出なくてはならず、呪いの謎を解くため西の村へと旅立ちます。

タタリ神の足跡をたどって西へと進むアシタカは、地侍とのいさかいに巻き込まれている僧侶を助けます。僧侶は謎の組織「師匠連」の一員であるジコ坊と呼ばれる人物で、彼からある森の話を聞くことができました。それは、西の山奥深くにある神々が昔のままの姿でいるシシ神の森。アシタカはその森に向かうことを決意します。

シシ神の森へ向かう途中にあるタタラ場で、エボシという名の女性と知り合います。彼女は村人達に特殊な武器を作らせて、森に棲んでいる神々「もののけ」を狩っていました。アシタカの村を襲った神に鉄のつぶてを撃ったのも、彼女でした。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=4OiMOHRDs14

シシ神の森へ

エボシは、シシ神の森にある鉄屑を削って村の人達に武器を作らせながら生活をさせていました。アシタカは、動物と人間が共存を続けるためにも動物を襲ってはいけないと諭しますが、彼らは自分達が自然を破壊していると分かっていながら、止めようとはしませんでした。

そこへ彼女の命を狙う「もののけ姫」が現れます。彼女は、山犬に育てられた少女「サン」でした。アシタカはこの争いを何とか止めようとしますが傷を負ってしまいます。サンは彼を連れて村を離れました。人間を憎悪しているサンは傷ついた彼をどうしたら良いのか迷いましたが、シシ神の元へと連れて行きました。

シシ神は、彼を生かすと決めて彼の傷を癒してくれますが、右腕の呪いは解かれません。サンは傷を負った彼の世話しているうちに、次第に彼に心を開いていきます。そして彼も、人間ともののけの間でどうすれば上手く共存できるのか思い悩むのでした。

その頃、シシ神の森には大きな猪神の乙事主をはじめとする猪神が集合していました。人間の暴挙に怒りを感じている猪神は、シシ神に人間と闘うことを進言しに来たのです。そのころ、エボシの村にはジコ坊達が訪れます。彼女は、不老不死になると言われているシシ神の頭を取りに森へと向かいます。その隙に、彼女の村は武器を奪おうとする侍達に襲撃されてしまうのでした。

アシタカの苦悩

人間ともののけの共存について思い悩んでいるアシタカ。サンが赤ちゃんの時から面倒をみている犬神のモロは、「サンを助けることができるか」と彼に問いかけます。「分からない、しかし一緒に生きることはできる」と答えた彼に対し、夜明けと共に森から出て行くように言い放つのでした。

朝になるとサン達の姿は見えず、アシタカはモロの子どもによって安全な場所まで連れて行かれます。エボシの村に行ってみると、村が襲われている最中でした。このことをエボシに伝えようと、彼はもう一度森へと急ぎます。

森へ戻ると、ジコ坊達が鼻を麻痺させる煙を焚いて猪神達をおびき寄せようとしていました。その様子を見たサンは、猪神と一緒に戦うために乙事主の元へと行きます。アシタカが駆け付けると、サンは猪神達と共にエボシ達が戦っている最中でした。エボシに村が襲われていることを告げますが、彼らは話を聞かずにそのまま戦いを続けます。

サンや乙事主は劣勢になってしまい、助けを求めてシシ神の所へ向かいます。すると、そこへ死んだ猪の皮を被ったジコ坊達が現れ、シシ神の所へ一緒に行くと言いました。

しかしそれは罠だったのです。それに気付いた彼女は乙事主を説得しますが聞く耳を持たず、タタリ神へと変身していったのです。そしてサンもジコ坊の手下が投げた石が当たり、乙事主が放つ呪いの渦へ巻き込まれます。ジコ坊達に騙されたと気付いた乙事主は、気を失ったサンを連れてシシ神の待つ森へと彼らと共に向かうのでした。

共に生きるために

サンを取り込んでタタリ神になった乙事主はシシ神の元へと向かいます。彼女は自分の体の中にタタリ神の呪いが入り込んでいるのを分かっていながらどうすることもできずにいました。

アシタカは、湖の近くで倒れているモロに気付いて話しかけるも反応がありません。その近くには、乙事主によってタタリ神に呪われたサンの姿がありました。モロは、呪いの渦を掻き分けて必死で助けに行きますが乙事主によって湖へと沈められそうになります。彼は何とか力を振り絞って彼女を助け出し、そのまま力尽きてしまったのでした。

そこへシカの姿をしたシシ神が現れて、タタリ神の呪いがかかっている乙事主の命を奪います。しかし、エボシ達も現れてしまい、シシ神の首を石火矢で吹き飛ばしてしまいました。ですが、首のない状態になってもシシ神は死ななかったのです。自らの首を求め黒い液体をまき散らしながら、周辺を黒一面に染めてようとします。

その時、息絶えたと思っていたモロの首が突然動き出し、エボシの右腕を食いちぎってしまいました。ジコ坊達はシシ神の首を抱えて逃げだしましたが、シシ神が放つ黒い液体に触れた木や花・人間すべての物の命を奪っていきます。サンは、森が死んでしまったことに怒りを感じてエボシを殺そうとしますが、アシタカは「モロがすでに仇を討っている」となだめます。

アシタカとサンはシシ神の首を取り戻し、首を返しました。するとシシ神は彼の右腕の呪いを解き、森を元の姿に戻すと朝日を浴びて消えてしまいました。ふたりはそのままお互いの世界に住み、人間ともののけが共存していける世界を一緒に作ろうと約束するのでした。

映画『もののけ姫』の作品情報

映画『もののけ姫』のジャケット写真

レンタル開始日
2003/01/16
監督
宮崎駿
出演(声)
松田洋治 石田ゆり子 田中裕子 美輪明宏 小林薫 森繁久彌 森光子 西村まさ彦 上條恒彦 島本須美 渡辺哲 佐藤允 名古屋章
上映時間
133分
さらに詳しく見る>
映画『もののけ姫』のユーザ評価

評価数:8974件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    ストーリー・音楽・声優・描写どれをとってもスケールが大きい映画です。ほんとにアニメ!?ってぐらい気合が入った作品です。どうやら宮崎監督はこの作品をもって引退しようと考えていたらしく全精力をつぎ込んで作ったのが、すみずみから伝わってくる映画です。モロ(サンの親)の存在感、オッコトヌシの貫禄、すごすぎます。ぜひ観てください。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    ナウシカ以来のテーマが重くシリアスでグロテスクな作品。 好みはわかれますが私は好きです。最後まで画面に目が釘付けでした。 自然と人間の共存。人の背負う業。いろいろと考えさせられます。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    正に大人向け宮崎作品で良く出来ていて楽しめました。すべての生命は調和の元に生きているいう事を壮大なスケールを良く描いていると思いました。見る度に何か得るものがある映画だと思います。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    宮崎さんの作品の中でナウシカに並ぶくらいおもしろいと思う。 おもしろいというか色々考えさせられるし、何より アシタカがいい。(松田洋治さんの声が最高) 石田ゆり子さんにはもう少し頑張って欲しかったけど…。 人間がいることで自然破壊をしている。 それが動物たちや自然にどんな影響を与えているのか。 真剣に考えさせられる映画。 それから、使われている音楽がとても綺麗です。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    今まで宮崎作品はほとんど女性が中心になって話が進んでいましたが、 今回はアシタカという青年が中心のある意味新鮮でなおかつアシタカがカッコいい。 物語も2つの正義がぶつかり合う内容の深いものでしたが ラストには気持ちよく見終われました。 宮崎監督さいこ~。

さらにレビューを見る

おすすめの関連作品

ジブリ作品は、日本だけでなく世界中に多くのファンがいます。そんなジブリ作品の中で、最も多くの方が見た作品は10歳の少女が神々の世界へ迷いこむ物語「千と千尋の神隠し」です。その次が、魔女に魔法をかけられてしまった90歳の老婆の物語「ハウルの動く城」、そして3番目に「もののけ姫」がランクインしています。

子どもから大人まで幅広い年代の人々に支持される映画として、ジブリ作品はこれからも多くの方に愛され続けるでしょう。

映画『千と千尋の神隠し』の作品情報

千と千尋の神隠しのジャケット写真

レンタル開始日
2002年12月18
監督
宮崎駿
出演(声)
柊瑠美 入野自由 夏木マリ 菅原文太 内藤剛志 沢口靖子 上條恒彦 小野武彦 我修院達也 神木隆之介 玉井夕海 大泉洋 はやし・こば
上映時間
125分
さらに詳しく見る>
映画『千と千尋の神隠し』のユーザ評価

評価数:11615件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    細かく描かれた世界観と、奇抜なストーリーに脱帽。なにより、頼もしく成長していく千尋を見ているだけで元気がでる。監督が小さな女の子向けに作ったというだけあって、メッセージが直接すぎるのでそういう意味では子供と見るのがいいかと。
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    自分が千尋と同い年くらいだったころを思い出すにつけ、生身の女の子が、等身大で描かれているように感じます。子供の目線で得られる共感がいっぱいあるのではないでしょうか。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    とても綺麗で、幻想的な作品。緊迫感がほどよくあり、すばらしい。そして、面白い。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    すばらしい童話です。 宮崎監督の面目役如! 主人公の少女の異世界での出会い。登場人物のそれぞれの立場、関係は、現実の世界を切り取った一場面でもあるかの様で、そういった現実感がこの作品を良質の童話たらしめています。
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    文句なしの面白い映画。日本アニメの力を見せつけたという感じ。ただ、妖怪ばかりで「うわっ」という印象が否めない。ストーリーは千尋の成長という誰にでも共感できるもの。終わった後にすがすがしさが残る。

さらにレビューを見る

映画『ハウルの動く城』の作品情報

ハウルの動く城のジャケット写真

レンタル開始日
2005/11/16
監督
宮崎駿
出演(声)
倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也 神木隆之介 伊嵜充則 大泉洋 大塚明夫 原田大二郎 加藤治子
上映時間
119分
さらに詳しく見る>
映画『ハウルの動く城』のユーザ評価

評価数:6710件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    ハウルがイケメンでかっこいい。声はキムタクで、ハウルの雰囲気にあっている。こわいシーンもあるが、ハッピーエンドでよかった
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    何かしらみんな問題を抱えている。魔法使いも現実世界の人間も。 もがく魔法使いたちと「婆様の心を持った少女」 (キャッチコピーと逆と思った)が、温かく包み込む世界は感動的。 倍賞千恵子や加藤治子など、声も温かいイメージの人たちの 登用も合っていると思う。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    宮崎アニメって凄いなあと正直に想います。独特の世界観があり、デザインなども最高です。ストーリーもタイトル以上に楽しめました。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    結末がどうなるんだろうってすごくドキドキした作品でした。おもしろかった~!! もののけ姫の次に好きな作品となりました。根底にあるものは大体同じとして、あっちが全体的に荒いイメージだとするなら、こっちはとても緩やかな作品ですね。 原作に触れたことはないけど、きっと原作の方は映画以上に読み解くのが難しいものなのかも、と思いました。そうだとすれば、宮崎監督がここまでまとめたのは本当にすごいと思います。 ささいなセリフやキャラの行動などが謎を読み解く鍵になってて、一瞬たりとも見逃せなくて、 こんなに集中した宮崎作品は初めてでした!
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    過去の宮崎作品と比べ抽象的な面が多く、それが賛否の否を起こす原因となってるわけですが、チャン・イーモウ監督が「HERO」において色でその場の感情を表現していたように、この作品ではソフィーの年齢の変化によって作品としての起伏を現そうとしてるようです。 ソフィーの年齢の上下に合わせ作品も静と動を繰り返します。それは単純にテンポだけじゃなく、運命に立ち向かい強く生きようとする力、愛の力の起伏をも現すかのように。 そしてソフィーの呪いが解けたとき、その先に灯されたのは… 人によって本当に様々な捉え方が出来る作品かなと思います。 こういう映画って大好きです^^

さらにレビューを見る