サヨナライツカのジャケット写真

1975年、タイ、バンコク。イースタンエアラインズ社の若きエリート東垣内豊(西島秀俊)がバンコク支社に赴任してくる。彼は東京に残してきた美しく貞淑な婚約者、尋末光子(石田ゆり子)との結婚を控えていた。野心家の豊だったが、端正な容姿と優しい性格で職場での信頼も厚く、日本人会の女性の人気を独占。仕事も恋愛もすべて順調、前途洋々の日々。だが、彼の婚約を祝う祝宴に現れた真中沓子(中山美穂)が、すべてを変える。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:イ・ジェハン
原作:辻仁成
脚本:イ・ジェハン イ・シノ イ・マニ
音楽:ソ・ジェヒョク
出演:中山美穂(真中沓子) 西島秀俊(東垣内豊)

出世を約束された結婚!しかし、謎の美女に心を奪われ…

主人公は出世に燃えるエリートサラリーマン・豊。婚約者の光子がいますが、心から愛しているとわけではなく、家柄など出世のため打算的に選んだ結婚相手です。このまま何事もなく光子と結婚するかと思った豊でしたが、会社から3か月のバンコク出張を命じられ、バンコクで妖艶な謎の美女、沓子(とうこ)に出会います。

おしとやかで清楚な婚約者の光子とは違い、女性としての魅力にあふれ、周囲を圧倒するオーラに包まれた沓子に一目で心を奪われる豊。そしてまた沓子も豊に興味を持ったようで、沓子は後日口実を作り豊の部屋に押しかけ、2人は男女の仲になってしまいます。

※豊と沓子のラブシーンがかなり濃厚!R15指定も納得です。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=dLARcH2VsV8

光子に罪悪感を抱きつつも沓子との愛に溺れる豊

光子を裏切ってしまった後ろめたさはあるものの、豊は沓子と過ごした夜を忘れられません。そんなある日、仕事中に沓子から電話があり、豊はオリエンタルホテルに呼び出されました。仕事を投げ出して沓子のもとへ駆け付ける豊。沓子から指定されたオリエンタルホテルは超高級ホテルで、沓子はなんとVIP用のスイートルームに滞在しているようです。スイートルームという非日常的な高揚感もあり、豊は謎多き沓子に溺れていきます。

※2人の逢瀬の場所であるオリエンタルホテルは、実在するホテル!リゾートムードが漂うホテルで謎の美女に誘われたら、ついつい心が傾いても仕方ないかも…とも思えます。

愛しているのにすれ違い始める2人 そして光子に浮気がバレ…

豊は、何度も仕事を抜けて沓子との逢瀬を重ねるようになり、社内で豊の異変に気づく者も出てきました。もし沓子を選び光子との結婚が破談になってしまうと、豊の出世への道は立たれてしまいます。出世と愛、どちらを選ぶかで揺れ始める豊。

一方で、沓子は豊への思いを募らせるようになります。高級ホテルのスイートルームに滞在し、何不自由なく暮らしているように見える沓子でしたが、離婚の慰謝料で多額の現金を手に入れたに過ぎず、沓子は愛に飢えていたのです。

愛しているのに少しずつすれ違い始めた豊と沓子。また、豊は日本にいる光子への電話を欠かさないようにして浮気を悟られないようにしていましたが、光子は豊の様子がおかしいことに気づいてしまいます。控えめなようで実はしたたかな光子は、バンコクでの豊の行動を調査。ついに豊と沓子の関係を知ってしまいます。

光子と沓子、女と女の戦い!豊は愛と出世どちらを選ぶのか

光子は、豊と沓子を別れさせるために豊には秘密でバンコクに向い、沓子のスイートルームをアポ無しで訪問します。豊に婚約者がいることは知っていた沓子でしたが、突然の光子の登場に驚きを隠せません。そして光子は、沓子に豊と別れるように告げ、豊には会わずに帰国します。

光子から別れを迫られても豊のことを愛している沓子でしたが、豊の心が徐々に自分との愛よりも出世に傾いていること、そして豊の人生のためには出世できる後ろ盾がある光子と結婚したほうが良いと悟った沓子は別れを決意。沓子は「海外に行くことになった」と豊に嘘をつき別れを切り出し、豊も結局は沓子ではなく出世を選び豊と沓子の関係は終わりを迎えます。その後、豊もバンコク出張が終わり日本に帰国。予定通り光子と結婚をします。

運命の再会!豊と沓子は人生をやり直せるのか

豊と沓子の別れから時は流れ、25年後。順調に出世した豊は、次期社長に任命されます。そして、再びバンコク出張が決定し、なんとオリエンタルホテルに泊まることに。ホテルのロビーで沓子との思い出にひたっているとホテルのスタッフに声をかけられます。ふと顔を見ると、なんとそのスタッフは沓子でした。2人の思い出を忘れないようにホテルで働いていると語る沓子。出世を選んだことを後悔していなかった豊でしたが、一途な沓子の思いを感じ再び愛が燃え上がります。

出張が終わった豊は日本に帰国しますが、社長になることよりも残りの人生を沓子と過ごしたいと決心し再びバンコクへ。沓子に会い、ゆったりとした時間を2人で過ごします。そして、翌日も豊は沓子に会うためにホテルを訪れますが、なんと沓子は亡くなっていました。病魔に侵されており、余命わずかだったようです。沓子と人生のやり直しが叶わなかった豊は、沓子を思い泣き崩れるのでした。

サヨナライツカの作品情報

サヨナライツカのジャケット写真

レンタル開始日
2010/06/25
監督
イ・ジェハン
キャスト
中山美穂(真中沓子) 西島秀俊(東垣内豊) 石田ゆり子(尋末光子)
上映時間
134分
さらに詳しく見る>
サヨナライツカのユーザ評価

評価数:1080件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 謎めいていて魅惑的で凛とした浮気相手と清楚なおとなしい婚約者とが後半でいつのまにか逆転していた。純愛に素直だけ、彼を想うがため弱々しい気相手。おとなしいとおもいきや、陰でしたたかすぎる妻。そんなとこが面白かった。
    純愛の不倫と上っ面だけの愛の夫婦……
    どちらもせつない~。
    上っ面だけのただ美化されただけの不倫映画とおもいきやなかなか深い映画だった。
    中山美穂さんも西島秀俊さんも役にはまりにはまってて見とれてしまうシーンが沢山でした。
  • 切ないですね。。
    でも中山美穂の気持ちが分かるなぁ。。
    何十年も会えるかどうか分からないのに、会いたいがためにその出会った場にいれるか?と考えると・・・

    そこまで揺さぶられる男性に出会いたい。
    久しぶりに日本の映画で切なくて泣いた作品でした。

  • 変な日本映画の思い入れよりか監督の一流の愛を見た気がします。
    クオリティ高いです。アバターとかも抜いて私の中では近年一位です。驚きました。涙腺切れたかと思うくらい泣いた。みぽりん同世代の方。期待せずに見てください。

参考URL
・youtube.com