ソーシャルネットワークのジャケット写真

世界最大のSNS フェイスブック 誕生の裏側を描くヒューマンドラマ『ソーシャル・ネットワーク』。監督は「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー。出演は「ゾンビランド」のジェシー・アイゼンバーグ

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アーロン・ソーキン
音楽:トレント・レズナー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ) アンドリュー・ガーフィールド(エドゥアルド・サベリン) ジャスティン・ティンバーレイク(ショーン・パーカー) ルーニー・マーラ(エリカ)

元恋人への嫌がらせから発展した「フェイスマッシュ」

超エリート校であるハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグは、ボストン大学に通う恋人のエリカにマークの冷徹な性格を否定され、振られてしまいます。

寮に戻り、ビールを飲んで失恋の痛手を紛らわそうとマークは、ブログに彼女の悪口を書き込み。ほろ酔い気分で思いつき、動物と女子大生を比べるサイトの発想から、プログラミング能力の高いマークはいとも簡単にハーバード大学のコンピューターをハッキングします。

そして、寮に住む女子学生を中心に顔写真を集め、女の子同士の格付けサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げました。

しかし、2時間で2万2000アクセス数を記録、大学のサーバーをダウンさせてしまいます。後日、大学の委員会に呼び出されたマークは半年間もの保護観察処分になると同時に、ハーバード大学在学中の女子学生から嫌われてしまいました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=exQjAXAQk1A

ヒントを得て誕生した「ザ・フェイスブック」

気落ちするマークの元に、同じ大学でオリンピック出場に向けて活躍するボート部の双子、ウィンクルボス兄弟らが近づき、ハーバードの学生専用コミュニティサイトの開発を協力してほしいと頼みます。

「大学内の男女の出会い」を企画する彼らの話を聞いて、ヒントを得たマークは彼らとの接触を避けるようになり、親友のエドゥアルドに出資を頼んで二人だけで「ザ・フェイスブック」を完成させます。

「ザ・フェイスブック」はあっという間に広まり、マークは人気者になるのでした。しかし、これに気が付いたウィンクルボス兄弟らは、知的財産の盗用を疑い、資産家である自分の父親の会社の弁護士を介して「ザ・フェイスブック」を停止するよう申し入れました。

ところが、マークはそんな彼らを無視し、次なる利用者を求めて大学内に留めず、外部者にも増やしていきます。

新たな出会いによる「フェイスブック」の成功と犠牲

ある日、スポンサー探しのためにNYを訪れていたマークは、若干19歳で音楽配信サービス「ナップスター」を設立したショーン・パーカーに出会い、ショーンは「ザ・フェイスブック」は「ザ」を取った方がカッコ良いと進言します。

ショーンはさらに、会社のさらなる発展を見据えて拠点を移すように促します。ショーンにすっかり魅了されたマークはカリフォルニア州に会社を移転させます。マークと一緒に来ていたエドゥアルドがニューヨークでのスポンサー探しを進める最中、ショーンがマークたちの家に転がり込み、投資会社との契約を成立させてしまいました。

それを知ったエドゥアルドは怒って、会社の銀行口座を凍結させます。倒産につながりかねない行動に、マークも憤慨、二人の友情に亀裂が入ります。

訴訟と天才の孤独

その頃、イギリスで行われていたレースに参加していたボート部のウィンクルボス兄弟は、「フェイスブック」のヨーロッパ進出を知り、さらなる被害額を手に入れるため、ついに訴訟の提起を決めます。

また、マークによって持ち株が削減され、役員も降ろされて居場所がなくなったエドゥアルドも、訴訟を決意しました。マークは一度に二つの訴訟を抱えてしまいますが、「フェイスブック」を守ろうと尽力します。

そんな中、裁判前の調停に取り組んでいるときに、弁護士から「マークは自身を嫌な人物に見せようとしているだけだ」と言われ、はっとします。マークが思いだすのは、かつての恋人エリカでした。

何度も頭を過っていたことを思い立ち、マークは彼女のフェイスブック上のページにアクセスし、彼女に友達申請を行います。マークは後に、訴訟を起こしていたエドゥアルドたちと和解することになるのでした。

ソーシャル・ネットワークの作品情報

ソーシャル・ネットワークのジャケット写真

レンタル開始日2011/05/25
2011/05/25
監督
デヴィッド・フィンチャー
キャスト
ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ) アンドリュー・ガーフィールド(エドゥアルド・サベリン)
上映時間
120分
さらに詳しく見る>
ソーシャル・ネットワークのユーザ評価

評価数:1531件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 監督デヴィッドフィンチャーの作品だからでしょうか、ストーリーも垢抜けていて、飽きることのない作品です。カメラワークが独創的でキャスティンもピッタリです。恐らく社会性など考えなくても十分満足できる出来映えである。
  • 楽さは時に人をダメにし、人を滅ぼすと私自身は考えている。
    簡単に繋がる今の時代なだけに、体を使って苦労して得る喜びや情熱、それによって湧き出る自信、さらにはあらゆる人や物に対する優しさがこの世界からどんどん欠けてしまうのではないかと感じる。安易な気持ちによる殺人も世界中で益々増えるだろう。愛の表現にしても相手に直接伝えられない人間が、今以上に増していくのも間違いないだろう。さらにはバーチャリティーなものしか愛せない人間も増えそうだ。これらを真剣に考えたら本当に恐ろしい事だ。
  • 思ったより展開が普通でした。実話をそのまま映画化した感じ。何か工夫しないと映画にする意味ないです。これだったらドキュメンタリーの方が面白いのかも。映像は好きです。

ITベンチャー企業を描いたおすすめ映画

「インターンシップ」
時計メーカーで働くセールスマンのビリーと相棒のニックは、時代に翻弄され、突然の会社倒産に遭います。失業者となった二人が、一流巨大企業「グーグル」のインターンシップに応募しようと試みるのでした。他の参加者は秀才のエリートばかりで、二人が太刀打ちできるような相手ではないのだが、二人のユーモアと運の良さで運命が変わっていきます。
「バトル オブ シリコンバレー」
革命的な発想は、何気ない普段の生活の中で起こります。世界を轟かせたアップルとマイクロソフトの設立者たちに焦点を置いて経緯と成長を描く物語。スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツは、世界中の人々の仕事や日常のあり方を根本的に変えようとしていたのです。

インターンシップの作品情報

インターンシップのジャケット写真

レンタル開始日
2015/04/03
監督
ショーン・レヴィ
キャスト
オーウェン・ウィルソン(ニック・キャンベル) ヴィンス・ボーン(ビリー・マクマホン)
上映時間
120分
さらに詳しく見る>
インターンシップのユーザ評価

評価数:905件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 今の自分に満足してない人、迷いがある人、死にたくなっている人は見てほしい。救われるはずだから。これはコメディじゃなくてヒューマンドラマだ。
  • アナログオヤジたちが、無謀にもGoogleのインターンに応募し、紆余曲折はあるものの最後にはー!って作品です。楽しい映画なんですが、感動の場面もあり気持ちよく観ることが出来ます。とってもハートフルなのでオススメです。
  • 良かった!夢があって仲間と泣いて笑って勝利を勝ち取るなんて最高だね。サクセスストーリーの始まりを予感させるハッピーエンドだしね。続きが作れそうだね。ハチャメチャな発想が新たな発明を生むとかね。ぜひ作って欲しいね

バトル・オブ・シリコンバレーの作品情報

バトル オブ シリコンバレーのジャケット写真

レンタル開始日
2011/12/21
監督
マーティン・バーク
キャスト
ノア・ワイリー(スティーブ・ジョブズ) アンソニー・マイケル・ホール(ビル・ゲイツ)
上映時間
97分
さらに詳しく見る>
バトル・オブ・シリコンバレーのユーザ評価

評価数:21件
評価 :★★★☆☆(3.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ビルゲイツとジョブスの争いを、リアルに再現しています。途中で証人の話を入れるなど、ドキュメンタリー的な感じですね。でも面白いです。IT好きは必見

参考URL
・youtube.com