DCが贈る最強の女性ヒーロー・ワンダーウーマン。2017年に公開された第一作は大ヒットを記録し、さっそく続編が作られることが決定しました!
このページでは主演ガル・ガドットが“美しく、ぶっ飛ばしてくれる”であろう映画、『ワンダーウーマン2』の最新情報をお届けしていきます!

【1/5更新】ガル・ガドットとジェンキンス監督が続編でワクワクしている理由は・・・?

EWのインタビューで、ガル・ガドットは「リンダ・カーターがTVでワンダーウーマンを演じた以外に、ビッグスクリーンでワンダーウーマンが描かれていない。また、私たちがワンダーウーマンの起源を追ってみると、そこには75年もの積み上げられてきた遺産があり、それらはとてもワクワクするものばかりだった!」と語っています。
また、監督のパティ・ジェンキンスも先のインタビューで「続編で最もエキサイティングなことは、ワンダーウーマンというキャラの自由さと古典的なストーリーがたくさんあること」と語っており、ワンダーウーマンのキャライメージが視聴者の間で固まっていないことは、ジェンキンス監督とガドットにとって朝鮮の幅がぐんと広がったかもしれませんね。

コミックとは全く異なる展開になる?

パティ・ジェンキンス監督は『ワンダーウーマン2』の主役:ダイアナのストーリーについて、コミックとは全く異なる展開を考えているようです。コミックと同じ展開を踏まないのは、DC作品では異例とも言えるかもしれません。DCコミックのファンにとっては賛否両論ありそうですが……前作を見事に作り上げたジェンキンス監督の手腕を信じたい!

ガル・ガドット、『ワンダーウーマン2』出演にあたって絶対条件を提示

『ワンダーウーマン2』の制作に当たり、ガル・ガドットが1つ条件を出しているようです。それは、ブレット・ブラナーと彼の制作スタジオを外すということ。

女性を勇気付ける映画『ワンダーウーマン』だからこそ、女性を傷つけるような行為をした人とは仕事をしないという固い意志を持っているのかもしれません。

ただし、ワーナーはラトナーの会社に資金面で援助してもらっているとの情報も。。。色々と難航しそうな予感がします。

監督は引き続きパティ・ジェンキンス!

前作『ワンダーウーマン』が大ヒットしたこともあり、パティ・ジェンキンスが続投することに。女性監督として大活躍してパワフルな美女ガル・ガドットとどのような映画に作り上げていくのか、楽しみです!

リリースは2019年11月1日に変更?

当初は2019年の12月13日のリリースを予定していた『ワンダーウーマン2』。しかし、ここにきてリリース日を変更することになった模様。新しいリリース日は2019年11月1日。

リリースが変更となったのは、大作『スター・ウォーズ エピソード9』の公開に重なることが予想されたため。

地球に降り立ったスーパーヒーローも、銀河の覇権を握るキングとは対決を避けたいということでしょうか。最強の女性ワンダーウーマンには、是非ともガチンコで戦ってみて欲しかったですね。

『ワンダーウーマン』の作品情報

ワンダーウーマンのジャケット写真
レンタル開始日
2017/12/02
監督
パティ・ジェンキンス
キャスト
ガル・ガドット(ワンダーウーマン、ダイアナ) クリス・パイン(スティーブ・トレバー)
上映時間
141分
GEOで購入!
ワンダーウーマンのユーザ評価

 評価数:646件 
 評価:★★★☆☆(3.9/5) 

ユーザの評価・ネタバレ
  • ワンダーウーマンことダイアナのアクションは見てて爽快でした!!次々なぎ倒していく姿は、まさに最強です。 そしてワンダーウーマンを演じたgal gadotさんの兵役していたという経歴が存分に生かされている作品だと感じました。
  • エレナアヤナの演技が凄い。あらゆる登場人物よりも殺気があって、でも人間らしさも垣間見えるという役柄を短い時間で完璧に表現していて圧巻でした。
  • 難しい事は言いません!とにかく面白かった。アクションあり愛あり感動ありで、単純に楽しめます。ガル・ガドットの魅力にまたまたメロメロです。

参考URL
・youtube.com
・http://collider.com/gal-gadot-brett-ratner-wonder-woman-2/#warner-bros
・https://screenrant.com/wonder-woman-2-release-date/
・https://screenrant.com/patty-jenkins-wonder-woman-2-different/
・http://comicbook.com/dc/2018/01/05/wonder-woman-2-plot-movie-gal-gadot-lynda-carter/