マイクロソフトの次期コンソールマシンに関する情報をThurrott.comが投稿したようだ。 なんでも、チープでクラウドを利用したストリーミングだけに対応したマシンを構想しているのだとか。もちろん、従来型のコンソールマシンも作る予定だと言う。

コードネーム:Scarlettと呼ばれる次世代マシンは従来のホームコンソールになるだろう。ゲームコードをローカルのハードウェアで処理し、ゲームプレイを可能にするものだ。これが一つ目のマシンにあたる。

興味深いのは二つ目のマシンの方だ――こちらはとても安価なコンソールになるようで、シンプルな機能だけしか搭載しない模様。このデバイスのメイン機能はクラウドからゲームをストリームすること。つまり、マイクロソフトのサーバーに接続できればゲームがプレイできるというものだ。レイテンシーが影響してくるような処理(衝突など)こそ、オンラインを解しては行わないだろうが、ゲームの大体はクラウドに乗っかることになるだろう。

ゲームストリーミングは次世代のXboxのメインフォーカスになるかもしれない。コンソール側の機能をシンプルにするほど、マシンの価格は抑えられ、Xboxユーザが増えることも期待できる。

詳しくはgamezoneもどうぞ!

参考URL ・https://www.gamezone.com/news/rumors-microsofts-next-gen-consoles-yes-multiple-ones/