『マリオブラザーズ』、Switchに共闘モードで登場!

任天堂は懐かしの名作『マリオブラザーズ』のSwitch版で、共闘モードを導入する予定であることを報じた。

『マリオブラザーズ』はSwitchのオンラインサービスで提供されているゲーム。任天堂はこれまでに20のタイトルをローンチする予定であることをアナウンスしており、『ドンキーコング』や『スーパーマリオブラザーズ3』、『ゼルダの伝説』等も含まれている。

これまではシングルプレイで提供されていたゲームについても、オンラインで共闘でプレイできるようになると、ぐっと支持層も増えそうだ。

詳細についてはまだ発表されていないが、間もなくスタートとなるサブスクリプションにあわせて明らかになるかもしれない。続報を待とう。

参考URL : https://www.dualshockers.com/mario-bros-online-co-op-nintendo-switch/

『バトルフィールド5』のバトルロイヤルモードは64人まで対応?!

間もなくリリースとなる『バトルフィールド5』について、DICEが追加の情報をアナウンスした。シネマティックトレーラーの形式でアナウンスされたのは、バトルロイヤルゲームについて――ネーミングは「Firestorm」になったようだ。

バトルロイヤルモードは4人×16チームで行われ、総勢64人が同時参加することになる。ソロやデュオについては言及されておらず、その存在すら不明だ(もしかしたら4人のチーム戦だけかもしれない)。

また、バトルロイヤルは、バトルフィールドシリーズ史上最大のマップで行われるようだ。サンドボックスでは無数の乗り物が散乱しているのがわかる。

参考URL : https://www.eurogamer.net/articles/2018-09-04-battlefield-5-unveils-64-player-battle-royale-mode-called-firestorm

『北斗が如く』、欧州・北米で10月2日にリリース!

セガは『北斗が如く』のデモ版を欧州・北米でそれぞれ公開した。デモ版サイズはとても大きく、PS4版で8GBを超える。

日本では選考して2018年の3月にリリースされた本作。プレイヤーの評価はなかなか厳しいものがあったが、欧米のファンにはどのように受け止められるのかは未知数だ。ゲームは「龍が如く」シリーズを踏襲している――ちなみに、海外でも「龍が如く」シリーズの人気は高い。北斗が如くがどう受け止められるか期待したい。

リリースは10月2日を予定している。

参考URL : https://www.gameinformer.com/pax-2018/2018/09/01/valkyria-chronicles-is-coming-to-switch